Top > GRスープラ RZ '19
分類性能
メーカー/国籍トヨタ/日本総排気量2998cc全長4,380mm
カテゴリー1N300最高出力340PS/5,800rpm全幅1,865mm
カテゴリー2ノーマルカー/スポーツカー最大トルク51.0kgfm/1,500rpm全高1,295mm
内装あり駆動形式FR車両重量1,520kg
年式2019吸気形式TBTM8速
入手方法セッティング他
ディーラーCr.10,000,000制限---
その他---特記---
+  ←カラーバリエーションを表示

grsupra.jpg

  • 先代・A80型スープラの生産終了から17年後の2019年、デトロイトモーターショーで発表された5代目・DB型スープラ。
    先代までとは違って本モデルから"GR"スープラという車名となり、GRシリーズ初のグローバルモデルとして世界中で販売される。
  • 2018年8月に発表されたBMWの3代目Z4とは、エンジンやシャシー等の基本プラットフォームを共有する兄弟車の関係にある。
    しかし基本プラットフォーム以外の共通点はあまり見当たらず、それぞれ大きく異なるチューンやデザインが施されている。
    相違点が少なかった86BRZの関係よりは、アウディ R8とランボルギーニ ウラカンの関係に近いと言えよう。
  • 歴代スープラの特徴であるFR+直6のパッケージングは、この5代目スープラにも受け継がれている。
    グレードは直4の「SZ」、そのチューン版「SZ-R」、直6の「RZ」の3構成。先代と違っていずれにもターボが搭載されている。
    先代の重量配分は53:47とややフロント寄りだったが、本車では「RZかつドライバー乗車時」限定で50:50の高バランスを実現した。
  • 本車のワイド&ショート&ローコンセプトについては、「FR最高峰の旋回性能を目指す」という方針の基にデザインされた。
    86よりもワイドトレッドかつ重心高を下げて安定性を上げつつ、ホイールベースを詰めて旋回性能を向上させている。
    事実、本車のホイールベースは86よりも100mm短い2,470mmであるのに対して、トレッドは86よりも74mm広い1,594mm。
    ホイールベースをトレッドで割った数値が、このクラスのスポーツカーとしては類を見ない「1.55」な事からもそれが読み取れる。
  • 開発指揮を執った多田哲哉氏曰く「ワンメイクやGT4等の様々なレースへの参加を検討し、その為の設計も盛り込んである」との事。
    本車はTOYOTA GAZOO Racingのイメージリーダーとして今後、数多くのカテゴリーへの参加が期待されている。



Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Thu, 23 Apr 2020 07:50:38 HADT (795d)