Top > アヴェンタドール LP 700-4 '11
分類性能
メーカー/国籍ランボルギーニ/イタリア総排気量6498cc全長4,780mm
カテゴリー1N700最高出力700PS/8,500rpm全幅2,030mm
カテゴリー2ノーマルカー/スーパーカー最大トルク70.3kgfm/5,500rpm全高1,136mm
内装あり駆動形式4WD車両重量1,575kg
年式2011吸気形式NATM7速
入手方法セッティング他
ディーラーCr.40,000,000制限ダート走行不可
その他---特記デフォルトでダウンフォースが存在(50:100固定)
アクティブエアロシステム搭載
+  ←カラーバリエーションを表示

Aventador.jpg
  • ↓アクティブエアロシステム:高速走行時に作動する
Aventador_2.jpg

  • 2010年に生産終了したムルシエラゴの後継車として、翌年のジュネーブショーで発表されたランボルギーニのスーパーカー。
    伝統のV12エンジンを搭載するフラッグシップモデルであり、車名もランボルギーニの伝統に則ってかつて活躍した雄牛の名から取られた。
    デザインはレヴェントンやエストーケをスタディモデルとしつつ、より攻撃的でステルス戦闘機を想起させるように昇華された。
  • 先々代のディアブロから多くを引き継いでいたムルシエラゴと違い、エンジンやボディをはじめとする全てを新開発した。
    50年振りに新規開発された6.5リッターV12ユニットは、LP 640比で+60PSの700PSという大パワーを発生させる。
    カーボンファイバーモノコックを採用したボディは、全幅以外は大型化したが、先代比で50%の高剛性化、30%の軽量化が行われた。
  • リアのアクティブエアロシステムは速度によって、角度を変える→スポイラーが少し上がる→最大まで上がる、と言った感じで3段階に変化する。
  • 公証値では0-100km/h加速は2.9秒、最高時速は350km/hに達すると発表され、先代の最速モデルであるムルシエラゴ SVを軽々と上回った。
    また、メディア独自の非公式記録では、公称値以上の最高速が出たとの事。
  • エコや低燃費とはかけ離れた存在である本車だが、ランボルギーニも遂に観念したのか、2013年モデルでLPガスによる走行が可能になるなどエコを意識し始めた。
    アイドリングストップ機構と135km/h以下で機能する気筒休止システムを装備、燃費も100km走行あたり17.2Lから16Lへと改善された。
    CO2排出量も1kmあたり398gから370gへと減少させる等、スーパーカー界隈もエコが重視されてきているようだ。

+  余談

+  派生モデルの解説



Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Wed, 30 Oct 2019 22:41:07 HADT (1015d)