Top > ドラゴン(デルタ)

ドラゴン Edit

【概要】 Edit

部位破壊報酬も何もないが、無印時点のストーリーをクリア後に白紙ページの要請で出現する。
白紙で直接戦闘が可能になったことから今作では魔物名通り『ドラゴン』と表記する。

【攻略】 Edit

弱点弱点属性呪部凶呪部主な状態付与攻撃
右足なし頭部、腹部、尻尾Flame、Freeze、Paralysis、Stone、Poison
  • 有効な刻印:上腕部「因果の刻印」(ドラゴンを1度倒さないと取得できない)
  • 高いHPを持つと共に、ある程度の防御力がないと運次第で即死クラスの攻撃もちらほら繰り出してくる。
    ストーリー上でこの魔物と戦う場合は、供物の回復手段が限られる。
    しかも死んでしまうと容赦なくタイトル画面まで戻され、再戦が結構面倒。可能な限り慎重にいきたい。
  • 弱点である右足に取り付き攻撃を与え、ダウンをとっていくのがオススメ。
    (左足でもダウンをとれるが右足よりも余計にダメージを与える必要があり、かつ踏みつけ攻撃の脅威にもさらされる)
    呪部全解体を狙うなら、右足など余計な箇所に攻撃を与えてしまうと全解体を前に倒してしまうので注意。
    生贄魔法グングニルに使われる「蘇った死体」を生贄、救済どちらの選択をしても供物を回復出来る。生贄ではグングニルでの攻撃、救済では体力が回復する。
  • 自身立ち位置による使用攻撃
    • ドラゴンの前方にいるときはブレス、竜巻1を多用
      ドラゴンの左半身側にいるときはブレス、竜巻1,2、踏みつけ1,2
      ドラゴンの右半身側にいるときは竜巻1,2、踏みつけ1,2(ただし当たる危険性のある攻撃は竜巻2のみ)
  • 攻撃パターン
    • 地上時
      • ドラゴンの体力が多いころは踏みつけ1、竜巻1、ブレスを立ち位置にあわせて大体均等に攻撃してくる。
        ドラゴンの体力が減ってくると(心眼時体力黄色)、踏みつけ2、竜巻2を多用するようになる。
    • 空中時
      • 基本1度目の飛行で突進、2度目の飛行で結界の鎖&球根設置からの突進まではパターン化されてる。
        その後ドラゴンの体力が減ってくると(心眼時体力黄色)、生贄魔法グングニルを使ってくるようになる。

【攻撃方法】 Edit

地上での攻撃

  • 踏みつけ1
    • 左足による踏みつけ攻撃を1回する。
  • 踏みつけ2
    • 左足での踏みつけ3回を繰り返した後、数歩前進してくる。
      体力減少時(心眼時体力黄色)繰り出してくる。
  • 竜巻1
    • 首を右に向け口元に風を溜めてから首を左に振りながら追尾する竜巻を放つ。
      この竜巻は竜巻と自分の間にドラゴンがいると脚部などに引っかかる。
      そのため、竜巻の前動作を確認したらドラゴンの首より後ろの右半身側にいると安全に回避できる。
      竜巻はフェニックスのそれ等とは違い、後ろへ抜ける風でなく前転回避を当てにいくようなイメージでやると回避できる。
      またはドラゴンの体躯の下へ逃げ込めば良い。
  • 竜巻2
    • 竜巻の前動作までは同じだが、その後体を左に半回転、右に半回転、左に半回転をしながら一回ずつ、計3回の竜巻を放つ。
      半回転にも当たり判定があるのでローリング回避し続けるか、羽根での回避が必要。
      体力減少時(心眼時体力黄色)繰り出してくる。
  • ブレス
    • 付与:Flame
    • 口元に炎を溜めてから首を左から右へと振りながら熱属性の追尾魔法状のものを複数(6〜8以上)個吐く。
      熱属性追尾魔法は前方にしか追尾がないのでブレスの前動作を確認したらドラゴンの下半身ほどまで下がれば回避できる。
      竜巻との見分け方は口元を見ればわかる。
  • 咆哮
    • 頭を空へ向けて咆哮する。
      食らえば長時間拘束されるが、その間に攻撃を繰り出してくることはない。

空中での攻撃

  • 突進
    • 飛んだあと少し旋回をしてから降りながら突進をしてくる。
      避け方はドラゴンの動きを見て左右いずれかにダッシュすると避けられる。
      または、敵が中央付近に降りてくるのでドラゴンのいる方向に限界まで向かうと当たらない。
  • 結界の鎖&球根設置
    • 付与:Flame
    • 飛んだあとに空に浮いている岩に乗り、咆哮と同時に黒い塊3つ(結界の鎖の3点になる)を飛ばしてくる。
      結界の中に2つ、爆弾魔法が設置される。
      これはエリアのだいたい真ん中に投げてくるので端にいればあたらない。
      この攻撃のあとに続けて突進をしてくるが、突進でドラゴンが地面に着くと結界の鎖、球根は消える。
      この攻撃のあとの突進は端に避けたあとは空中のドラゴンのいる側の端に向かって行き、
      突進攻撃をしてきたらそこで左右どちらかに走れば結界に入ることなく避けられるだろう。
  • 球根設置&魔人召喚魔法
    • 付与:Flame、Paralysis
    • 飛んだあとに空中の岩に乗り、咆哮と同時にこちらは黒い塊を5つ飛ばしてくる。
      2つづつの球根に挟まれ属性魔人が召喚される。
      (熱、雷属性以外は確認出来ず。要検証)
  • 生贄魔法グングニル
    • 付与:Paralysis
    • 飛んだあとに空中の岩に乗り、咆哮と同時に赤い塊を飛ばしてくる。
      赤い塊は着地後魔法使い「蘇った死体」へと姿を変え、一定時間経過後に
      地上へと降りてきたドラゴンが魔法使いを挟むように二股の尻尾を地面に突き刺す形で発動する。
      この攻撃はドラゴンに生贄魔法を発動される前に、召喚された魔法使いのところに行き、救済か生贄をすれば発動を防ぐことができる。
      救済すると体力と供物を回復(この戦闘での供物の回復はこの時のみ)、
      生贄(こちらでも供物を回復出来る)にするとこちらがグングニルを発動することができる。
      精度はあまりないため、ただ移動しているだけでも回避することが出来る。

以下、あるだけ追加。

【呪部解体報酬】 Edit

報酬なし

【セリフ】 Edit

【最後の選択(ストーリー)】 Edit

生贄と救済、どちらを選んでも個別のエンディングがあり、もらえる供物も生贄ルートなら「右腕の血(魔)」、救済ルートなら「右腕の血(聖)」となっている。
ここではエンドロールは見られない。
生贄救済、どちらか一方を選ぶと改訂後のストーリーへ飛ぶ。
改訂後の世界でも、ストーリーを最後までクリアする前までならマーリンに挑み再度ドラゴンと戦うことができ、選択しなかったもう一方の結末を回収できる。
改訂前の世界へ戻りたいなら、リブロムの背後にある木札へ近付いて調べてみると良い。

コメント Edit

Show recent 5 comments. Go to the comment page.

  • そうだ、ネタバレなら閉じればいいのだ……。と気付いたので台詞をまるまる閉じてみる。 -- 2014-04-09 (水) 23:30:49
    • おお! ナイスアイデア! -- 2014-04-10 (木) 01:32:08
  • 正直聖lvが40以上あれば魔力lv1でも勝てなくはない・・・ -- 2014-04-16 (水) 16:19:51
  • ストーリー終わってなかったらEDがない(VERで消えただけかも -- 2014-08-11 (月) 16:26:04
  • 白紙のページででるとのことですが、難易度低でもでますか? -- 2015-01-05 (月) 23:06:20
    • ちょっと記憶にないですが、出ることは出ると思います。ただ難度極大の下級魔物殲滅要請並み、あるいはそれ以上くらいのレアな確率かもしれません、魂気のない&大型魔物は。だからオーディン、ディオーネは出にくいのでは、と思ってます。 -- 2015-01-06 (火) 00:21:22
    • それなりに出ますよ。ただこのwikiの白紙のページに「魔物と土地の内容はゲームの進行状態によって異なる」とあるのでストーリーで倒してないとダメかもしれません。 -- 2015-01-06 (火) 21:11:40
    • 出ますよ、出にくい理由は専用のフィールドが有る為です。白紙はランダムで生成されますが、登場するフィールドが限られている為出にくいのです。 -- 2015-01-07 (水) 18:20:19
    • マルチポスト? それはともかく、低でも出たことあるよ。ただし「マーリンに挑む」をクリアしないと出ないと攻略本にある。 -- 2015-01-08 (木) 01:42:03
Name: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

コメントが流れてしまうのを防ぐために、前述コメントへの返信の際はラジオボタン(返信したいコメントの左にあるボタン)を押してから送信をお願いします



Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Mon, 15 May 2017 19:15:58 HAST (1350d)