Top > S-FR '15
分類性能
メーカー/国籍トヨタ/日本総排気量1500cc全長3,990mm
カテゴリー1N100最高出力135PS/7,000rpm全幅1,695mm
カテゴリー2ノーマルカー/コンセプトカー最大トルク15.3kgfm/5,500rpm全高1,320mm
内装あり駆動形式FR車両重量1,050kg
年式2015吸気形式NATM6速
入手方法セッティング他
ディーラーCr.3,000,000制限---
その他---特記---

sfr.jpg

  • 世界5大モーターショーの一つとして、毎年10~11月に日本で開催される見本市、東京モーターショー。
    2015年における同ショーにて、トヨタブースに展示された車両が、このコンパクトFRスポーツ「S-FR」である。
  • 86を中心に弟分と兄貴分のスポーツカーを作り、スポーツカーの三本柱を構築すべきだ。」
    トヨタの豊田章男社長は、86発表当初の2013年よりこう発言しており、本車は正に86の弟分にあたる車両であった。
    小排気量のエンジンを積み、ルーフは取り外し可能と、86やGRスープラとの差別化がしっかりと行われた設計である。
  • そのボディサイズは4,000mmを切り、5ナンバーサイズに収まるという極めてコンパクトなデザインにされている。
    更に後輪駆動車で低価格という、更に市場で望まれているであろう要素を詰め込んだドリームカーと言えよう。
    なお、2+2のパッケージングではあるものの、そのサイズからリヤシートはあくまでエマージェンシー用と思われる。
  • コンセプトカーにしては内外装共に異様に現実的な作りであったため、当時は「即市販化に移されるのでは?」と囁かれた。
    しかし実際に出展された際には、一旦開発中止となったと噂されており、トヨタ関係者は「市販化は反響次第」と言葉を濁した。
    開発再開に関する続報は現在に至るまでなく、開発はほぼ頓挫したと思われる。様々な理由が唱えられたが、真相は不明である。



Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Fri, 30 Aug 2019 13:16:02 HAST (1647d)