Top > R92CP '92
分類性能
メーカー/国籍日産/日本総排気量3496cc全長4,800mm
カテゴリー1Gr.1最高出力952PS/7,500rpm全幅1,990mm
カテゴリー2プロトタイプレーシングカー/FIA-グループC2最大トルク95.2kgfm/5,500rpm全高1,100mm
内装あり駆動形式MR車両重量900kg
年式1992吸気形式TBTM5速
入手方法セッティング他
ディーラーCr.100,000,000制限---
その他---特記---

r92cp.jpg

  • 全日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権用に製作された、日産のグループCカー「R91CP」の1992年モデル。
    基本構造はR91CPの発展型であり、エンジンはR89Cから継続採用されているVRH35Z型3.5L V8ツインターボを改良して搭載。
    これに組み合わせれるトランスミッションも、R91CPより採用されているヒューランド社製5速VGCを改良したものである。
    外観上の差異は少なく、フロントフェンダー上部のエアアウトレットが、ルーバー状から開閉するフラップ状になった程度。
  • 燃費規定のグループC2として、日本メーカーによって製造されたマシンの中では事実上最強の性能を誇った。
    その戦績は1992年のJSPC全6戦、及び1993年に開催された鈴鹿1000kmの計7戦全てで優勝(クラス優勝2戦を含む)を果たしている。
    このカテゴリーは国際的には1990年に終了しており、1992年シーズン用のマシンを製作したメーカーは日産だけであった。

+  余談



Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Sun, 06 Feb 2022 03:32:01 HADT (141d)