Top > 512 BB '76
分類性能
メーカー/国籍フェラーリ/イタリア総排気量4942cc全長4,400mm
カテゴリー1N400最高出力359PS/7,000rpm全幅1,830mm
カテゴリー2ノーマルカー/スーパーカー最大トルク45.9kgfm/4,500rpm全高1,120mm
内装あり駆動形式MR車両重量1,400kg
年式1976吸気形式NATM5速
入手方法セッティング他
ディーラーCr.10,500,000制限ダート走行不可
その他---特記ライトカバーのカラーが変更可能
+  ←カラーバリエーションを表示

512bb.jpg

  • 365 GTB/4の後継車として登場した365GT4BBのマイナーチェンジモデルとして、1976年のパリ・サロンで発表された512 BB。
    車名の「512 BB」は、5が排気量の約5000cc、12が搭載するV型12気筒エンジン、BBがベルリネッタ・ボクサーを表している。
  • 当時厳格化が進んでいた排ガス規制に対応しつつ、フェラーリのフラッグシップモデルらしい性能を維持させる為、排気量を拡大。
    流麗なボディはフィオラバンティ氏とピニンファリーナの共同デザインで、低く構えたスタイルは空力性能に優れていたとされる。
    搭載するV12エンジンは最高出力360PSを発揮、最高速度の公称値はライバルのカウンタックを2km/h上回る302km/hとした。
    両車ともに実際の最高速度は約280km/hとされるが、スーパーカーブーム絶頂期にあった当時の日本では絶大な人気を誇った。
  • 1981年には排ガス規制に対応するべくインジェクション等を採用した512BBiにマイナーチェンジし、1984年に生産終了。
    512BBシリーズの生産台数は合わせて2000台前後と後継車種のテスタロッサと比べ少なく、現在では希少車となっている。

+  余談



Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Wed, 17 Feb 2021 17:33:13 HADT (1241d)