Top > 365 GTB4 '71
分類性能
メーカー/国籍フェラーリ/イタリア総排気量4390cc全長4,425mm
カテゴリー1N400最高出力352PS/7,300rpm全幅1,760mm
カテゴリー2ノーマルカー/スポーツカー最大トルク43.9kgfm/5,500rpm全高1,245mm
内装あり駆動形式FR車両重量1,200kg
年式1971吸気形式NATM5速
入手方法セッティング他
ディーラーCr.100,000,000制限ダート走行不可
車高の調整不可
その他---特記---
+  ←カラーバリエーションを表示

365GTB4.jpg

  • 1968年から1973年まで製造・販売されていた、フェラーリ社のグラントゥーリズモ。
    車名の内、365はV型12気筒の単室容量を、GTはグラントゥーリズモを、Bはベルリネッタを、4は4カムシャフトを表している。
    同時期に活躍していたPシリーズがデイトナ24耐で華々しい戦果を挙げていた事から、「フェラーリ・デイトナ」とも呼ばれる。
  • 収録モデルは1970年にマイナーチェンジを受けた後期型であり、北米市場を意識してリトラクタブルライトに変更されている。
    ちなみに前期型は外観形状は大きくは変わらず、アクリル樹脂製のカバーが付き、その奥に埋め込み式ライトが付いていた。
    搭載されたV型12気筒は352馬力を発揮し、最高速度は280km/hをマーク。ランボルギーニ ミウラとは当時の世界最速を争った。
  • 本車は当時としては最後のFRレイアウト2シーターであり、96年の550 マラネロの登場まで、同カテゴリの車両は途絶えていた。
    それに加え、レース実績やピニンファリーナによる流麗なデザイン等から、フェラーリの中でも今なお高い人気を誇っている。
    雑誌企画等でも常にランキング上位をキープしている他、中古車両も極めて高額で取引されているという。
    その生産台数は、前後期型合わせて僅か約1400台。そのうち158台が右ハンドル、122台がスパイダーであった。
  • 当時のフェラーリワークスはF1を優先していたため、GTカーレースはもっぱらプライベーターの手によって活躍していた。
    1972~1974年のル・マン24時間レースでは3年連続クラス優勝を達成し、1979年のデイトナ24時間レースでは2位入賞を遂げた。



Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Thu, 17 Oct 2019 07:24:55 HADT (984d)