Top > デルタ HF Integrale Evoluzione '91
分類性能
メーカー/国籍ランチア/イタリア総排気量1995cc全長3,900mm
カテゴリー1N200最高出力212PS/6,000rpm全幅1,770mm
カテゴリー2ノーマルカー/5ドアハッチバック最大トルク30.9kgfm/3,500rpm全高1,365mm
内装あり駆動形式4WD車両重量1,350kg
年式1991吸気形式TBTM5速
入手方法セッティング他
ディーラーCr.5,500,000制限---
その他---特記---
+  ←カラーバリエーションを表示

deltahf.jpg

  • ランチア デルタは1979年に登場した5ドアハッチバックモデルである。
    スタイリングとパッケージングは、ゴルフを手掛けたジョルジェット・ジウジアーロ率いるイタルデザインが担当。
    人工皮革を多用したランチアらしい上品な内装によって「小さな高級車」としての地位を得る事に成功した。
  • 本モデルに至るまでの進化の経緯として、スポーティーモデルであるHFをベースに性能向上を図ったインテグラーレが登場した。
    そして、そこから更に性能を向上させたEvoluzione(エボルツィオーネ、伊語)と呼ばれるグレードが収録モデルにあたる。
    91年に登場したEvoluzioneは英語のエボリューションと同義であり、他社ではランエボに近い立ち位置である。
    EvoluzioneはグループAのベースモデルとして徹底的な見直しがなされ、搭載された4気筒ターボエンジンの最高出力は210psに達した。
    駆動系も4WDシステムで武装した他、車幅も規定ギリギリの1770mmに延長し、より幅を増したタイヤが装着できるようになっている。
  • 1993年、本モデルの正常進化型であるEvoluzioneIIが発売、こちらもEvoluzioneIと同様に高い人気を誇った。
    同年にはベースモデルのデルタが第2世代に移行したが、EvoluzioneIIはその人気の高さから、1995年まで生産が続けられた。



Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Wed, 08 Dec 2021 09:15:48 HADT (168d)