Top > シビック Type R (EK) '98
分類性能
メーカー/国籍ホンダ/日本総排気量1595cc全長4,185mm
カテゴリー1N200最高出力184PS/8,300rpm全幅1,695mm
カテゴリー2ノーマルカー/スポーツカー最大トルク16.5kgfm/7,500rpm全高1,360mm
内装あり駆動形式FF車両重量1,050kg
年式1998吸気形式NATM5速
入手方法セッティング他
ディーラーCr.2,000,000制限---
その他---特記---
+  ←カラーバリエーションを表示

civic_ek9.jpg

  • ホンダの最上級グレード「Type R」。このEK型シビックでは、1997年8月のマイナーチェンジと同時に追加された。
    Type R採用車種としてはNSX Type Rインテグラ Type Rに続いて3車種目となる。
  • 搭載エンジンはB16B型。インテグラで培われた手作業のポート研磨等のノウハウが用いられ、最高出力185PSを発揮する。
    他のType Rと同様に入念に軽量化を施し、その上で専用エアロパーツ・レカロ製シート・チタン製シフトノブ等を装備。
    なお、モモ製ステアリングはType R初のエアバッグ付きとなり、翌98年にはインテグラ Type Rにも採用された。
    当時4穴仕様のハブを採用したインテグラと異なり、ハブの大型化に伴い、PCD114.3サイズ5穴となっているのが特徴である。
  • 収録モデルのシビック Type Rは、新排ガス規制への対応のため、1998年9月のマイナーチェンジを受けたモデル。
    フロントフェンダー・ヘッドライト・前後バンパー等の他、内装もオーディオ周りのデザインが変更されている。



Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Fri, 30 Aug 2019 14:44:46 HADT (1689d)