Top > TT Coupe 3.2 quattro '03
分類性能
メーカー/国籍アウディ/ドイツ総排気量3189cc全長4,041mm
カテゴリー1N200最高出力243PS/6,000rpm全幅1,764mm
カテゴリー2ノーマルカー/スポーツカー最大トルク32.6kgfm/3,000rpm全高1,345mm
内装あり駆動形式4WD車両重量1,520kg
年式2003吸気形式NATM6速
入手方法セッティング他
ディーラーCr.5,780,000制限---
その他---特記---
+  ←カラーバリエーションを表示

tt_03.jpg

  • 1995年に発表したTT デザイン・スタディ・モデルを、そのまま生産車に落とし込んで1998年に製品化されたTT。
    プラットフォームは同社のA3やフォルクスワーゲン・ゴルフ(4代目)等と共通で、A3の2ドアクーペ版とも言える。
    「コンセプトカーのデザインを製品化」という車両にありがちな事だが、室内空間や実用性は犠牲にされている。
  • 1.8L直列4気筒ターボエンジンを搭載した車両がベーシックモデルという位置付けで、AWDとFFが選択可能だった。
    この3.2 クワトロは、S3やゴルフR32と同じ3.2L VR6エンジンとセミATのDSGを搭載した最上級グレードである。
  • そのデザイン故にリフト量が多く、180km/h以上の走行では安定性を欠き、発売当初には横転事故が報告された。
    この為、1999年末にリアスポイラーの追加やサスペンションの設計変更等といったリコールが世界的に行われた。
    本車の製品化過程もあり、リアスポイラー追加にはメインデザイナーが「フォルムが崩れる」と嫌がったという。
  • 丸みを帯びた内外装と快適な走りは高く評価され、アウディとしても後のデザインの方向性を決めた車となった。
    1999年にはオープンモデルのロードスターを追加、2006年に登場した2代目にも両ボディタイプが引き継がれた。

+  派生モデルの解説



Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Thu, 07 Jul 2022 19:52:05 HADT (86d)