Top > R8 4.2 FSI R tronic '07
分類性能
メーカー/国籍アウディ/ドイツ総排気量4163cc全長4,431mm
カテゴリー1N400最高出力420PS/7,500rpm全幅1,904mm
カテゴリー2ノーマルカー/スポーツカー最大トルク43.8kgfm/4,500rpm全高1,249mm
内装あり駆動形式4WD車両重量1,560kg
年式2007吸気形式NATM6速
入手方法セッティング他
ディーラーCr.16,670,000制限ダート走行不可
その他---特記デフォルトでダウンフォースが存在(0:100固定)
アクティブエアロシステム搭載
+  ←カラーバリエーションを表示

r8v8_07.jpg
  • ↓アクティブエアロシステム:高速走行時に作動する
r8v8_07_a.jpg

  • 2006年にデビューしたR8は、ル・マンで輝かしい戦績を残したR8 LMの名を受け継いだスポーツカーである。
    2003年のフランクフルトショーに登場したコンセプトカー「ルマン クワトロ」がプロトタイプとされている。
  • 搭載エンジンはR8 LM直系の技術が投入された4.2LのV8エンジン、直噴仕様で環境にも多少配慮した構成となっている。
    現在の目で見れば出力自体に驚きはないものの、ホワイトボディの重量が210kgという驚異的な軽さを実現した。
    エンジンはミッドシップに搭載され、アウディお得意のクワトロシステムによるフルタイム4WDで路面を捉える。
    組み合わせられるトランスミッションは6速MTの他、オプションでR tronicと呼ばれる6速セミATも用意されている。
    また、子会社であるランボルギーニのスポーツカー「ガヤルド」と共通部分が多いのも特徴である。
  • 本車は当初よりV10エンジン仕様の追加が噂されていたが、2009年にその噂通り、V10モデル「5.2 FSI クワトロ」が発表された。
    こちらは525PSを発生させる高回転型5.2L V10を搭載したモデルで、フロントやサイドのインテーク等もアップデートが行われた。
    その翌年の2010年には5.2スパイダーが追加され、2013年には4.2・5.2・5.2スパイダーいずれも7速DSGのS Tronicに変更されている。

+  余談



Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Tue, 01 Jun 2021 11:53:28 HADT (391d)