Top > One-77 '11
分類性能
メーカー/国籍アストンマーティン/イギリス総排気量7312cc全長4,601mm
カテゴリー1N800最高出力759PS/8,000rpm全幅1,999mm
カテゴリー2ノーマルカー/スーパーカー最大トルク76.5kgfm/5,500rpm全高1,222mm
内装あり駆動形式FR車両重量1,630kg
年式2011吸気形式NATM6速
入手方法セッティング他
ディーラーCr.132,000,000制限ダート走行不可
その他---特記デフォルトでファイナルギアの調整が可能
アクティブエアロシステム搭載
+  ←カラーバリエーションを表示

one77.jpg
  • ↓アクティブリアウィング:高速走行時に作動する
one77_2.jpg

  • 2008年に発表され、2011年より販売が開始された、アストンマーティンのフラッグシップ・スーパーカー。
    2008年パリモーターショーでベールに覆われたモックアップが発表され、翌年3月のジュネーブショーでCN.1が出展。
    更にその翌年、2010年のペブルビーチ・コンクール・ド・エレガンスにて、プロダクトモデルが正式に発表された。
  • エンジンはV12 ヴァンテージのものをベースに、レーシングエンジンビルダーであるコスワースがチューニング。
    ただチューニングと言うが、その内訳はエンジンの25%小型化に始まり、排気量を7.3Lまで拡張した上でドライサンプ化。
    更にエンジン搭載位置を100mm低くする事で低重心化を計る等、ベースとしただけでほぼ別物に作り替えられている。
    F1テクノロジーを駆使した大排気量エンジンは、NAながら760PSを発揮。これは市販車のNAエンジンでは最高クラスであった。
  • シャシーはマルチマチックと共同開発したカーボンモノコック構造であり、アルミニウムパネルが組み合わせられている。
    これによって7.3Lクラスのスーパーカーである事を微塵も感じさせない、1,500kgという軽量な車重を達成している。
    サスペンションには前後共にダブルウィッシュボーン式で、ショックアブソーバーには調節可能なDSSVシステムを採用した。
  • 2010年9月から量産体制に入り、2011年初頭にデリバリーが開始された。プライスは日本円換算で何と1.6億円にもなる。
    生産台数は車名が示す通りの77台限定生産であり、そしてその希少性に相応しい性能を誇るスーパーカーである。



Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Fri, 30 Aug 2019 15:37:07 HADT (1032d)