Top > Mark IV Race Car '67
分類性能
メーカー/国籍フォード/アメリカ総排気量6997cc全長4,343mm
カテゴリー1Gr.X最高出力511PS/6,000rpm全幅1,791mm
カテゴリー2プロトタイプレーシングカー/WSCC-GT Prototype最大トルク65.0kgfm/5,000rpm全高978mm
内装あり駆動形式MR車両重量1000kg
年式1967吸気形式NATM4速
入手方法セッティング他
ディーラーCr.2,000,000,000制限---
その他---特記---
+  ←カラーバリエーションを表示

mark iv.jpg

  • 1966年にフォード Mark IIがル・マンを制覇した後、翌年1967年のル・マン連覇だけを目標として開発されたマシン。
  • Mark IVは67年のセブリング12時間レースでデビューした。
    ライバルであったフェラーリ 330P4は不参加だったため、ライバルはシャパラルと、このレースでMark IVと同じくデビューを果たしたアルファ・ロメオのティーポ 33だった。
  • 予選でMark IV J-4はポールポジションを獲得する事に成功する。レースではシャパラルが前半をリードするもトランスミッション破損でリタイヤ、マークIVはデビューウィンを飾った。
  • 続くル・マン24時間レースには、シェルビーから2台のMark IVと1台のMark II B、ホルマン・ムーディからも2台のMark IVと1台のMark II B、フォード・フランスからMark II Bが1台と、合計7台がエントリー。ライバルであるフェラーリからは330P4が4台、412Pが3台エントリーした。予選ではJ-6に乗るブルース・マクラーレンとシャパラルのフィル・ヒルがポール争いを繰り広げる。最終的にはマクラーレンがポールポジションを獲得し、2位のシャパラルを除く3~6位までをフォード勢が占め、1位のマークIVはフェラーリ勢よりラップタイムで4秒ほど上回るなど、Mark IVはル・マン連覇へ確実に近づいていた。
  • レースではMark II Bの1031号車がトップに立つ。約1時間の間ハイペースで周回を重ねたがその後トラブルにより失速する。それ以降はJ-5が首位をキープしラップを重ねた。
  • 日付が変わり、午前3時過ぎにマリオ・アンドレッティのJ-7がマシントラブルでコースアウト。土手で跳ね返りコース上を塞いでしまう。
    不運にもこれを避けようとしたMark II 1047号車もコースアウトしクラッシュ、さらにコースを塞いだ2台を避けようとしたMark II 1015号車もよけきれずクラッシュを起こし、一度に3台のフォード勢が消える大きなアクシデントとなった。
  • 午前10時過ぎ、Mark II 1031号車がエンジントラブルのためリタイヤした。さらにその直後、Mark IV J-6のリアカウルが走行中に吹き飛ぶというトラブルが発生したが、こちらは修理の結果、4位でレースに戻る事ができた。
  • レース終盤、後続のフェラーリ勢がペースを上げてきたが、トップを走っていたMark IV J-5は大きなトラブルもなく安定した走りで1位のまま24時間を走り切り優勝を飾った。
    2位のフェラーリ 330P4とは5周もの差をつけての圧勝であった。
  • 翌1968年以降のチャンピオンシップは、生産義務のないプロトタイプレーシングカーは3リッターまで、生産義務のあるグループ4(スポーツカー)は5リッターまでという規定に変更。
    これにより、プロトタイプレーシングカーのMark IVやMark II、330P4は排気量の規定をクリアできず、サーキットを去ることになった。

+  Mark II→IV?



Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Tue, 05 Jan 2021 23:48:38 HAST (1141d)