Top > GRヤリス 1st Edition RZ“High performance” '20
分類性能
メーカー/国籍トヨタ/日本総排気量1618cc全長3,995mm
カテゴリー1N300最高出力272PS/6,200rpm全幅1,805mm
カテゴリー2ノーマルカー/ホモロゲーションモデル最大トルク37.7kgfm/3,200rpm全高1,455mm
内装あり駆動形式4WD車両重量1,290kg
年式2020吸気形式TBTM6速
入手方法セッティング他
ディーラーCr.4,560,000制限---
その他---特記---
+  ←カラーバリエーションを表示

gryaris.jpg

  • スターレットの後継車種として1999年に登場したヴィッツ。その4代目は車名を国際名の「ヤリス」に統一して2020年に登場した。
    パッケージングは先代までの実用的な小型大衆車から一転、軽快な走りが可能なドライバーファーストの小型車への転換が図られた。
  • 「GRヤリス」はそのヤリスをベース車としたスポーツモデルで、先代から参戦中の世界ラリー選手権(WRC)を見越した設計を採用。
    プラットフォームはベース車譲りのTNGA GA-Bに、兄貴分のカローラで用いられるGA-Cを組み合わせ、四輪駆動を可能としている。
    上記の専用プラットフォームに加え、ワイド仕様とした3ドアボディにより、徹底的な高剛性化・軽量化・低重心化が図られた。
  • グレードはベース車と同じ1.5L直3NA+CVTを搭載するFFの『RS』と、1.6L直3ターボ+6MTを搭載する4WDの『RZ』『RC』の3種。
    『RZ』『RC』に搭載される「G16E-GTS」エンジンはクラス最小・最軽量ながら272PSを発生し、急旋回用のサイドブレーキも採用。
    新開発の4WDシステム「GR-FOUR」も、電子制御カップリング式センターデフにより前方から後方へのトルク配分が調整可能である。
    これらの設計から分かるように、本車両は名実ともにセリカGT-FOURの直系と言えるラリーホモロゲーションモデルとなっている。
  • 収録された『RZ “High performance”』は、『RZ』にBBS製ホイール・トルセンLSD・専用シート等を装備した最上級グレード。
    『1st Edition』は発売前に発表された特別仕様車で、フロントウィンドウに「モリゾウ」こと豊田章男社長のサインが入っている。



Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Sat, 12 Mar 2022 05:41:30 HADT (107d)