Top > G.T.350 '65
分類性能
メーカー/国籍シェルビー/アメリカ総排気量4,272cc全長4,613mm
カテゴリー1N300最高出力309PS/6,000rpm全幅1,732mm
カテゴリー2ノーマルカー/ホモロゲーションモデル最大トルク45.4kgfm/4,000rpm全高1,326mm
内装あり駆動形式FR車両重量1,270kg
年式1965吸気形式NATM4速
入手方法セッティング他
ディーラーCr.40,000,000制限---
その他---特記---
+  ←カラーバリエーションを表示

gt350.jpg

  • シェルビー・アメリカンの手によって1965年から1969年まで製造された、フォード マスタングのチューニングカー。
    マスタングのホモロゲーションモデルであると共に、フォードの最上位・フラッグシップモデルという位置付けでもある。
  • エンジンは289キュービックインチの、フォードウィンザーエンジンのハイパフォーマンスバージョンを搭載した。
    このユニットはマスタングのオプション用エンジンをベースに、シェルビー・アメリカンが更なるチューンを施したもの。
    通常エンジンよりも高回転で、その最高出力は300馬力を超えるまでにチューニングされている。
  • 本車は非常にスパルタンな設計で知られており、遮音材・制振材・ヒーター・パワステ等の快適装備は全て排除されている。
    ディファレンシャルギアやサスペンションはレース用に変更されており、当時のレギュレーションの関係でリアシートも撤去。
    重量配分等を考慮してバッテリーやスペアタイアの位置も変更し、更にはボンネットもFRPに素材転換する徹底ぶりであった。
  • ここまで徹底したモディファイがなされていただけあって、マスタング GT350はレースシーンでは華々しい結果を残した。
    しかし限界までレース志向に傾けた本車は極めて評判が悪く、66年式では一般ニーズにも答えられるよう快適性の向上が図られた。
    足回りをデチューンして各レース用パーツをオプションに変更した他、エアコン・ラジオ・3速AT等もオプション装備として用意。
    これらの変更・改良によって高い評価を得る事となり、68年よりカタログモデルに昇華するまでに至っている。
  • しかし末期になるにつれて、シェルビー GT350/GT500の評価は徐々に低迷していく事になる。
    フォード・モーターの主力が新モデルのMach 1とBOSSに移っていた他、レースシーンもTras-Amへと舵を切りつつあった。
    不安定な社会情勢やエネルギー問題の浮上、マッスルカー市場の縮小等も加わり、本モデルは69年を最後に幕を閉じた。
    シェルビー マスタングは、モダンマッスルカー路線が始まる2005年前後まで、長い眠りにつく事となる。



Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Mon, 11 Nov 2019 12:12:25 HADT (1679d)