Top > F-150 SVT Raptor '11
分類性能
メーカー/国籍フォード/アメリカ総排気量6210cc全長5,603mm
カテゴリー1N400最高出力417PS/5,500rpm全幅2,192mm
カテゴリー2ノーマルカー/ピックアップトラック最大トルク60.0kgfm/4,500rpm全高1,994mm
内装あり駆動形式4WD車両重量2,724kg
年式2011吸気形式NATM6速
入手方法セッティング他
ディーラーCr.5,500,000制限---
その他---特記---
+  ←カラーバリエーションを表示

f150_raptor.jpg

  • 1948年から始まったフォードのピックアップトラック、Fシリーズ。ピックアップトラックの代名詞的なクルマである。
    シボレー・シルバラード、ダッジ・ラムと共に「3大ピックアップトラック」と言われ、熾烈な競争を繰り広げている。
    2008年に登場した12代目もその人気は衰えず、2011年には米国車名別新車販売1位を1976年以来35年連続で獲得した。
  • 収録モデルのSVT Raptorは10代目でのライトニング以来となる、2世代ぶりに設定されたハイパフォーマンスグレード。
    オンロードを重視していたライトニングに対し、恐竜の名を冠したこのRaptorはオフロードでの走破性を大きく高めた。
    標準モデルよりストローク量を増やしたサスペンション、BFグッドリッチのオールテレーンタイヤやデフロックを装備。
    搭載エンジンはベース車と同じNAのV8で、標準が最高出力315hpの5.4L、オプションで411hpの6.2Lが設定された。
    ボディタイプは発売初年の2010年は2+2のSuperCabのみだったが、翌年には4ドアのSuperCrewが追加されている。
  • 本車の登場とヒットはピックアップトラック業界に衝撃を与え、ライバルも同様の路線の車両を開発する事となった。
    2014年にFシリーズが13代目へフルモデルチェンジしSVT Raptorも販売終了となるが、フォードは新型の開発を継続。
    その3年後の2017年に、3.5LV6ツインターボを採用し各性能が向上した2代目Raptor(SVTの名は廃止)が登場した。

+  余談



Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Wed, 25 Aug 2021 22:53:42 HADT (51d)