Top > 919 Hybrid (Porsche Team) '16
分類性能
メーカー/国籍ポルシェ/ドイツ総排気量2000cc全長4,650mm
カテゴリー1Gr.1最高出力508PS/7,500rpm全幅1,990mm
カテゴリー2プロトタイプレーシングカー/FIA-LMP1 Hybrid*1最大トルク53.4kgfm/4,500rpm全高1,050mm
内装あり駆動形式4WD車両重量875kg
年式2016吸気形式TBTM7速
入手方法セッティング他
ディーラーCr.100,000,000制限---
その他---特記---
+  ←カラーバリエーションを表示

919_16_2.jpg

  • ポルシェは2014年にWEC及びルマン24時間耐久レースに復帰した。
    2014から2017までの4年間使われたのがこの919Hybrid*2
  • 搭載されるエンジンはポルシェ伝統のフラット6でなく、2LのV型4気筒という類を見ないもの。
    非常に軽量コンパクト故、他の設計は非常に楽になったそうだが、開発中は異動振動によってクランクシャフトを作り直す等、かなり苦労したとか。
    これに他メーカーも使用しているブレーキ回生システム(MGU-K)に加え、タービンから電気エネルギーを回収するMGU-Hを採用。エンジン単体500馬力+バッテリー出力400馬力の計900馬力を絞り出す。
    バッテリー出力6MJを選択していた初年度は、エンジン単体の出力が低すぎた故に「予選にて、2周のウォームアップで充電して1周タイムを出すだけなら出るが、決勝の平均周回ペースが低く結果が出ない」という症状に悩まされたものの、15シーズンより出力を8MJに上げた事により解消された。
  • 収録モデルが参戦した16年のル・マンでは、トップを快走し初のル・マン制覇目前だったトヨタ5号車が残り3分でまさかのストップ*3
    1分後ろを走っていたポルシェの2号車が優勝し、結果としてポルシェは2016年WECのシリーズチャンピオンを獲得するに至った。
    しかしこれはアウディやトヨタのミスや不運に助けられた部分もあり、前年ほどライバルとのアドバンテージは無かった。

+  その後



*1 ハイブリッドカー
*2 2017年をラストにポルシェLMPプロジェクトが活動を終了。
*3 一応再始動には成功し、最終周回は消化したものの、最終周回のタイムが規定を満たさなかった為に失格扱いになった。
*4 その後、2018年のベルギーGP予選Q2で、S.ベッテルがこのタイムを上回るタイム1:41.501を記録。
*5 どのカテゴリでも禁じ手であるアクティブサスペンション+ブレーキヨーコントロールまで採用

Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Tue, 17 Mar 2020 01:02:20 HADT (877d)