Top > 500 F '68
分類性能
メーカー/国籍フィアット/イタリア総排気量499.5cc全長2,970mm
カテゴリー1N100最高出力17PS/4,500rpm全幅1,320mm
カテゴリー2ノーマルカー/2ドアセダン最大トルク3.1kgfm/2,000rpm全高1,335mm
内装あり駆動形式RR車両重量520kg
年式1968吸気形式NATM4速
入手方法セッティング他
ディーラーCr.2,100,000制限---
その他---特記---
+  ←カラーバリエーションを表示

500f.jpg

  • トポリーノの愛称で呼ばれた初代500の生産終了から2年後の1957年に誕生した2代目500。
    先代と区別するため「NUOVA500」と称されており、これは伊語で「新500」を意味する。
  • FRの2シーターだった初代に対し、2代目はRRとして2+2シーターのスペースを確保。窮屈ながらも5人乗りを実現した。
    空冷2気筒エンジンと軽量なボディにより最高速度は85km/hを発揮するが、振動が激しく乗り心地は芳しくなかったようだ。
    少しでも振動を軽減するため、エンジンマウントにはスプリングが使用されている。
    このエンジンは他の車にも改良されつつも採用され、最終的にはパンダにまで採用される長寿エンジンとなった。
  • バリエーションは本モデルの他、排気量を限界まで拡大した「スポルト」、デラックスモデルの「L」、低価格版の「R」等が存在する。
    安価だった事もあり売れ行きは絶好調。最終的には1977年まで生産される事となった。Rに関しては30万台以上生産されたとの事。
  • なお、同じ「チンクエチェント」の名前を持つ車両が1991~98年に販売されていたが、本車との直接的な関係はない。
    正式な3代目がデビューしたのは2007年で、実に30年ものブランクが空く事になった。

+  余談



Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Fri, 28 Feb 2020 02:44:39 HADT (1596d)