Top > 300 SEL 6.8 AMG '71
分類性能
メーカー/国籍メルセデス・ベンツ/ドイツ総排気量6,835cc全長5,000mm
カテゴリー1Gr.X最高出力428PS/5,300rpm全幅1,810mm
カテゴリー2レーシングカー/最大トルク61.2kgfm/5,000rpm全高1,320mm
内装あり駆動形式FR車両重量1,635kg
年式1971吸気形式NATM4速
入手方法セッティング他
ディーラーCr.200,000,000制限ダウンフォースの調整不可(20:50固定)
その他---特記デフォルトでスポーツ・ミディアムタイヤを装着

300selamg.jpg

  • 300SELは現在のSクラスの前身に当たるモデル。
    その中でも6.3は、上級モデルの600に搭載された6.3リッターV8SOHCエンジンを搭載したハイパワーモデルである。
  • これに目をつけたのが当時設立間もないAMG。
    エンジンにボアアップやDOHC化などのチューニングを施し、428馬力を発生させた。
  • このチューニングマシンを1971年のスパ・フランコルシャン24時間耐久レースへと送り込み、クラス優勝と総合2位を獲得。
    AMGの名をヨーロッパ中に轟かせることになった。
  • なお、オリジナルの300SEL 6.8は一台も現存しておらず、現存するのはすべてAMGが製作したレプリカとのこと。



Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Thu, 07 Nov 2019 07:15:19 HAST (1567d)