Top > マクラーレン F1 '94
分類性能
メーカー/国籍マクラーレン/イギリス総排気量6064cc全長4,288mm
カテゴリー1N600最高出力635PS/7,500rpm全幅1,820mm
カテゴリー2ノーマルカー/スーパーカー最大トルク66.3kgfm/5,500rpm全高1,140mm
内装あり駆動形式MR車両重量1,140kg
年式1994吸気形式NATM6速
入手方法セッティング他
ディーラーCr.100,000,000制限ダート走行不可
その他---特記デフォルトでダウンフォースが存在(200:450固定)
空力ブレーキシステム搭載
+  ←カラーバリエーションを表示

mcf1.jpg
  • ↓空力ブレーキシステム:高速走行からのブレーキング時に作動する
mcf1_2.jpg

  • ブガッティ ヴェイロンが登場するまでの長い期間、全てのスーパーカーの頂点に立ち続けた伝説とも言えるマシン。
    価格は当時としては超高額の約1億円だがそれでも赤字だったという。現在ではプレミアにより約3億円以上の値が付いている。
  • フロント3シーターという変則的な3人乗りだが、これはドライバーを中心に位置する事で、重量バランスの最適化を図ったためである。
    エンジンベイを放熱効率の良さを求めて一面を金で覆う、ワイパーフィンにカーボンを採用する等一切の妥協も図られ無かった事が伺える。
  • 車体下部にサクションファンを搭載しているファンカーであるが、小型故に強力なダウンフォースはなく、効果は整流程度である。
    また、これにはダウンフォースを生み出すと同時に、エンジンを冷却する機能も併せ持つ。
  • 速さと同時に快適性も確実に両立し、今までのスーパーカーの概念を大きく塗り替え、後のマシンに多大な影響を与えた。
    特にドライバビリティについては、それまでのスーパーカーを全て過去のものにするほどに優れている。
    扱いやすいクラッチとミッション、トルクフルなエンジン、手頃なボディサイズと、優れた点を挙げればきりがない。
    一方でABS等の電子制御機器はほぼ未搭載であり、生半可なドライバーでは乗りこなせない、というレースカー的側面も持っている。
  • 1988年~1992年のF1グランプリにおいて、ホンダはアイルトン・セナを通じて、マクラーレンと親密な関係にあった。
    そのため当初ホンダにエンジン供給を依頼したが、NSXにより赤字を出していたホンダ側の固辞により実現しなかった。
    市販予定であったものの、お蔵入りしてしまったBMW M8に搭載予定であったBMW製V12エンジンに落ち着いた、という経緯がある。
  • 丁度本車が登場した頃、当時のGTレース界はプロトタイプカーから市販GTカーに回帰していた時期でもあった。
    その性能・出自からサーキットでの活躍を期待された本車は、周囲の期待通り、1995年の「BPR GT選手権」に現れる。
    いきなりの快走を見せた他、同年のル・マンにも現れ、見事デビューウィンを達成している。



Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Sat, 30 Nov 2019 18:19:29 HAST (1100d)