Top > マウントパノラマ

概要 Edit

オーストラリア・ニューサウスウェールズ州バサーストにある半公道サーキット。
1938年4月17日に開設された歴史あるコース。
所在地から通称「バサースト/Bathurst」と呼ばれている。

  • 直線を鋭角コーナーでつないだ公道部分と、コンクリートウォールに囲まれ勾配のきつい公園周回路を利用するマウンテンセクションに大別される屈指の難コース。

マウントパノラマ モーターレーシングサーキット Edit

09_mount_1.gif1.
2.
3.
コース情報
分類リアルサーキット
所在国オーストラリア
コース長6213m
ストレート長1916m
高低差174m
コーナー数23
ピットあり
天候変化なし
温度 17℃
時間変化なし
時刻 00:00~23:50
備考---
  • 全般
    攻略のポイントはやはりマウンテン区画(グリフィンベンドより先からフォレストエルボーまで)。
    両サイドに壁が張り巡らされておりランオフエリアがなく、さらにコース幅も狭い。そしてサルマンパークの先の所まで登りが続き、前述の道幅と壁も相まって見通しが悪い。上記のように前半部分が登りでスピードも乗りづらい。
    3コーナーと4コーナーはひとつのコーナーと考え、4コーナーのCPを奥に取り、切り返しの5コーナーのアウトに付けるようにすると良い。
    パークサイド(レイドパークから先)の2つのコーナー(8コーナーと9コーナー)はクラスや車両によっては減速が必要。その後の下り区画はとにかくオーバースピードで壁や先行車両に突っ込まないよう注意して走ろう。
    フォレストエルボーを抜けると下りの全開区画で、ここの最後の高速の右コーナーも車両やクラスによっては大きく減速する必要がある。
    減速を抑えるよう強引に曲げてもほぼ間髪入れずに迎えるシケインの進入で良いラインを取ることは愚かブレーキング姿勢を確保するのも困難になったりする。

開催される主なレース Edit

現実で開催される主なレース Edit

  • バサースト12時間
  • バサースト1000
  • オーストラリア・ツーリングカー選手権
  • WTCC 世界ツーリングカー選手権

小ネタ Edit

  • 2015年バサースト12時間では「ニスモアスリートグローバルチーム」からエントリーした#35 NISSAN GT-R NISMO GT3*1(千代勝正/ウォルフガング・ライプ/フローリアン・ストラウス)が総合優勝を飾った*2
    うち、ウォルフガング・ライプとフローリアン・ストラウスはともにGTアカデミー卒業者である。
  • F1ドライバーのジェンソン・バトンが2011年のイベントにてF1マシン(マクラーレン MP4-23)で走行した際1:48.88のタイムを記録しているが、非公式イベントということもあり正式なレコードタイムではない。
  • 2016年時の公式レコードは2016年バサースト12時間耐久の予選で記録された、マクラーレン 650S GT3による2:01.5670。
  • マツダFD3S型RX-7が1992年から1994年のバサースト12時間耐久レースで3年連続でクラス優勝を果たした。
    これを記念して、"バサースト"の名を冠したモデルが1994年から発売されていた。
  • レースイベントが開催されないときは無料開放されている。
    しかし、60km/h(毎時37マイル)の厳格な制限速度が適用され、警察は定期的にサーキットをパトロールしているとのこと。
  • GT6での収録発表の1年半も前に当たる2012年3月10日、GTplanet.net(英語)がバサーストを取材するポリフォニー・デジタルのスタッフを目撃したという記事が出された。



*1 MY14モデル
*2 当初はアレックス・バンコムを含めた4人体制だったが、レース直前にバンコムが夫人の出産に立ち会うため離脱、3人での戴冠となった

Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Fri, 29 May 2020 17:37:27 HADT (759d)