Top > ビート '91
分類性能
メーカー/国籍ホンダ/日本総排気量656cc全長3,295mm
カテゴリー1N100最高出力64PS/8,000rpm全幅1,395mm
カテゴリー2ノーマルカー/オープンスポーツカー最大トルク6.0kgfm/7,000rpm全高1,175mm
内装あり駆動形式MR車両重量760kg
年式1991吸気形式NATM5速
入手方法セッティング他
ディーラーCr.1,500,000制限---
その他---特記---
+  ←カラーバリエーションを表示

beat.jpg

  • 1991年5月に発売。「平成ABCトリオ」*1と呼ばれた内の1台で、ABCのBに当たるクルマ。
    同年の8月5日に死去した創業者・本田宗一郎氏が最後に見送った4輪車でもある。
  • ボディはミッドシップ・フルオープン・モノコックボディを採用した。このボディは量産車として世界初採用だった。
    イメージカラーはカーニバルイエロー。これは軽自動車の黄色ナンバーが目立たないための配慮である。
  • リヤミッドに搭載されたのはE07A型・直列3気筒SOHCエンジン。パワートレインはアクティに採用されていたものだが、
    最高出力は軽自動車自主規制上限の64PSを唯一NAで発揮。それを8100rpm以上というホンダ得意の高回転域で搾り出した。
    ただしこれはエンジン制御システム「MTREC」で、商用車用エンジンを半ば無理矢理回しているに過ぎない。
    このため、高回転域を多用するとトラブルが多発する、という問題点も併せ持っていたという。
  • 採用されたギアボックスは5MTのみであり、ATの設定は最後までなかった。
    同じエンジンを採用しているトゥデイのAT機構が流用できるようで、雑誌等でATに改造されたビートの姿を見る事もある。
  • バブル崩壊から間もない時期での発売ながら売れ行きを伸ばし続け、96年の生産終了まで約3.4万台を生産した。
    これはABCトリオの3台の中で、最も多い生産・販売台数となった。
    その人気は生産終了から15年以上が経過した今なお衰えず、中古車でも状態の良い個体は高値で取引されるという。
  • 2013年にオープン軽2シーターの「S660コンセプト」が東京モーターショーに出展された。
    その2年後の2015年4月。正式なビートの後継として、S660が市販化される事となった。



*1 平成初期に生まれた3種の軽2シータースペシャルティカー。Aはマツダ オートザム AZ-1、Bはホンダ ビート(Beat)、Cはスズキ カプチーノ(Cappuccino)。

Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Mon, 25 Nov 2019 05:35:40 HADT (945d)