Top > パンテーラ '71
分類性能
メーカー/国籍デ・トマソ/イタリア総排気量5763cc全長4,270mm
カテゴリー1N300最高出力330PS/5,500rpm全幅1,830mm
カテゴリー2ノーマルカー/スーパーカー最大トルク47.6kgfm/3,500rpm全高1,100mm
内装あり駆動形式MR車両重量1,420kg
年式1971吸気形式NATM5速
入手方法セッティング他
ディーラーCr.20,000,000制限---
その他---特記---
+  ←カラーバリエーションを表示

pantera.jpg

  • デ・トマソ社において最も商業的に成功し、1971年から1993年まで7298台が生産されたクルマ。
    車名のパンテーラはイタリア語で豹(ヒョウ)を意味する。
  • フォードはブランドイメージ向上の為、フォード GT40のイメージを踏襲したスポーツカー作製を企画しており、このプロジェクトによって誕生したのがイタリア製のボディにフォード製V8エンジンを搭載するパンテーラである。
    • これは当時のフォード副社長リー・アイアコッカ氏が、デ・トマソの社長であるアレハンドロ・デ・トマソ氏と個人的に親しい仲である事から実現したもの。
    • 販売はリンカーンの販売網によって行われていたが、オイルショックの影響で販売台数が悪化し1973年にフォードとの提携が打ち切られる。その後も何度もモデルチェンジを重ねながら受注生産で細々と生産され続けていた。
  • 設計を担当したのは現在ダラーラ社を率いているジャンパウロ・ダラーラ氏。
    重心を車体の中央に近づける為、縦置きエンジンが室内に食い込むほど前方にマウントされている。
  • 「廉価で大量生産のスーパーカー」をコンセプトに開発された為、当時のスーパーカーとしては異例の生産性に優れたモノコックボディで製作された。
    またエンジンが自社開発ではない事もあり、価格はフェラーリやランボルギーニのおよそ半額に抑えられていた。
    その為70年代にアメリカに輸出された数はフェラーリよりも多かった。

+  余談



Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Tue, 22 Oct 2019 05:27:10 HADT (1675d)