Top > バイパー GTS '13
分類性能
メーカー/国籍ダッジ/アメリカ総排気量---cc全長4,463mm
カテゴリー1N600最高出力649PS/6,400rpm全幅1,941mm
カテゴリー2ノーマルカー/スポーツカー最大トルク83.0kgfm/5,000rpm全高1,246mm
内装あり駆動形式FR車両重量1,556kg
年式2013吸気形式NATM6速
入手方法セッティング他
ディーラーCr.12,300,000制限---
その他---特記---
+  ←カラーバリエーションを表示

viper_13.jpg

  • 2012年4月に発表された3代目バイパー。発表当時はダッジブランドではなくSRTブランドであった。
    メカニズムやコンセプトは先代からの流用だが、ルーフやボンネットをカーボンに、ドアをアルミにする等で45kgの軽量化に成功した。
    パワートレインも単なる流用ではなく、ファインチューンにより40PSほどパワーアップされている。
    本作では排気量が伏せられているが、同じエンジンを積んでいる先代ACRは8,354ccとなっており、本車の排気量も同じと思われる。
  • 2016年6月、FCAは「17年モデルとして、6月24日から受注開始する5種類の限定車を最後に、バイパーは生産を終了する」と発表。
    生産終了の理由は、「運輸省道路安全局が新たに定めた車外放出対策規制に、採用されているエアバッグが適合しなかったため」との事。
    そして17年8月、生産拠点であるデトロイトの工場でAdrenaline Redカラーのバイパーが生産され、それを最後にラインオフとなった。
    こうしてダッジ バイパーは、25年続いたアメリカンスポーツカーとしての歴史に幕を閉じる事となった。
    なお、この最後のバイパーは販売されず、FCAの「ヘリテージ・コレクション」に丁重に保管されているという。



Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Fri, 30 Aug 2019 16:08:24 HAST (1635d)