Top > スペシャルステージ・ルートX

概要 Edit

  • 12kmものストレートを持つ右周りの超巨大オーバルサーキット。略称は「SSRX」で、初登場はGT5のDLC。
    GT5~6に収録されたオリジナルコースの内、GTSにも収録されたものは、現時点では本コースのみ。

コース攻略 Edit

スペシャルステージ・ルートX Edit

SSRX.jpg1.メインストレート
2.第1コーナー
3.ストレート
4.最終コーナー
コース情報
分類オリジナルコース
所在国アメリカ
コース長30286.2m
ストレート長12000m
高低差65m
コーナー数2
ピットあり
天候変化なし
温度 --℃
時間変化なし
時刻 06:50~22:30
備考---
  • 全般
    メインストレートの中盤に緩い傾斜が付いている。
    傾斜は3000m地点から上り始め、5000m地点で頂上、下り始めて7000m地点で平らになる。
    また、この区間は夜間、青色のライトで照らされる。
    ギア比は、下りでの加速とスリップを考慮して設定しておかないと、途中でレブに当たる羽目になるので注意すること。
    なお第1コーナーを曲がった後のバックストレートは、メインストレートとは違い完全にフラットである。

小ネタ Edit

  • 上のコース図で2.第1コーナーが東、4.最終コーナーが西である。
  • このコースに登場する港は博多港がモデルである(山内氏Twitter)。
    しかし、本作では国籍がアメリカと設定されている。
  • スタート直後の港から出たタンカーは動いている。ほとんどのタンカーには"PDI LINE"と大きく書かれている。
  • 本作では、GT6までのSSRXとの違う点がある。
    • バンクに"SPECIAL STAGE ROUTE X"のコースロゴが追加。
    • マーシャルとテントが追加。
    • 裏ストレートのトンネル区間。前作まではライトがオレンジだったのだが、本作では近未来的なホワイトに変更されている。
    • スタート地点が改修されている(スタートシグナルが追加されている等)。
    • 裏ストレートには軍民共用と思われる飛行場があり、戦闘機や旅客機、輸送機等が駐機されている。
      他にも、アメリカのハイウェイ等で見かける看板(広告板)がストレートに設置されている。
    • 第二バンク前にある大型アンテナは、GT6までのものと向きが異なる。
    • 第一バンクを抜けた先の右側には、トレーラーと布で覆われた車が数十台駐車されている。
  • シングルレースを行うと、強制的にBoP"サーキット用 (セッティング可)"が適用される。またGr.3車両は、強制的にBoP"オーバル専用 (セッティング不可)"が適用される。
    パワーが上げられず、さらに減速が必要な区間も一切ないのでテクニックでカバーできるレベルではなく、初級から既に初見殺し。
    特にNカテゴリは、例えば自車がN300の場合、パワーが上のN400・N500がトップ陣営になる。こうなると、スリップストリームで逆転などできず離される一方なので、圧倒的に自車が不利になる。
  • GTPSPまではいくつかのサーキットが集まった施設である「ドライビングパーク」のコースの一つとして、本コースよりいくらか小さいテストコースが収録されていたが、GT5からは本コースがそれに取って代わっている。
    • 前々作GT5にあった「スピードテスト(0-400m等)」の使用コースにもなっていた。
      前作GT6ではライセンス試験の使用コースになっていた(シリーズおなじみの「発進と停止」など)。
  • 本コースのAIは、前方の車両のスリップストリームに入るように設定されており、コースの端から端まで前方車両にぴったり追従してくる(流石に路肩には入って来ないが)。
    この仕様が災いしてか、速い車両が遅い車両のスリップに入り、オーバーテイクしなくなる現象が度々見られる。



Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Fri, 21 Jun 2019 02:03:10 HAST (892d)