Top > スカイライン GT-R V・spec (R33) '97
分類性能
メーカー/国籍日産/日本総排気量2568cc全長4,675mm
カテゴリー1N300最高出力324PS/6,800rpm全幅1,780mm
カテゴリー2ノーマルカー/スポーツカー最大トルク43.4kgfm/4,400rpm全高1,360mm
内装あり駆動形式4WD車両重量1,540kg
年式1997吸気形式TBTM5速
入手方法セッティング他
ディーラーCr.5,400,000制限---
その他---特記デフォルトでダウンフォースの調整が可能(0:30~80)
+  ←カラーバリエーションを表示

r33.jpg

  • 1993年に発売された9代目スカイラインに遅れること2年、BCNR33型スカイラインGT-Rがデビューした。
    先代BNR32型のメカニズムを継承しつつ、各方面で徹底的な改良がなされ、より高いパフォーマンスを発揮した。
    開発時にはニュルブルクリンクで7分59秒というタイムを記録し、先代に対してのタイム差から「マイナス21秒ロマン」とPRされた。
  • ベース車のR33がローレルとプラットフォームを共有した為、R32に比べてボディが大型化、剛性や走行安定性の大幅な向上がなされた。
    先代と同じ「RB26DETT」型エンジンは、ECUの16bit化、ブースト圧上昇、吸排気系見直し等で、公称出力は不変だが最大トルクが向上。
    総合的な性能こそ向上したものの、ボディの大型化・重量化は如何ともしがたく、R33の欠点としてしばしば指摘されることもあった。
  • 収録モデルは1997年2月以降の後期型。内装や前後ライト類に変更が加えられ、N1タイプのフロントバンパーが全車標準装備となった。
    この「Vスペック」は4WDシステム「アテーサE-TS」にLSD制御を加えた「アテーサE-TS PRO」を搭載した上位グレードである。
  • 1998年のベース車のフルモデルチェンジ後も本車両は同年12月まで生産され、その2か月後に次期型のBNR34型へと切り替わった。

+  余談



Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Mon, 21 Mar 2022 22:34:15 HAST (256d)