Top > コルベット Sting Ray Sport Coupe (C2) '63
分類性能
メーカー/国籍シボレー/アメリカ総排気量5354cc全長4,453mm
カテゴリー1N400最高出力365PS/6,000rpm全幅1,768mm
カテゴリー2ノーマルカー/マッスルカー最大トルク48.6kgfm/4,000rpm全高1,265mm
内装あり駆動形式FR車両重量1,380kg
年式1963吸気形式NATM4速
入手方法セッティング他
ディーラーCr.10,000,000制限---
その他---特記---
+  ←カラーバリエーションを表示

c2.jpg

  • スティングレイレーサーのデザインやノウハウを継承して生み出された2代目コルベット。
    原型となったレーサーモデルの名を取り、開発担当者のビル・ミッチェル氏によって「コルベット スティングレイ」と名付けられた。
    なお、レーサーモデルの間に構造的共通点はほぼ存在せず、市販化にあたって新たにボディ設計がなされている。
  • エンジンは後期型C1に採用されていたスモールブロックの改良型。
    排気量は5.4Lに拡大され、通常の250HP仕様の他、キャブレターの違いで300HP・340HP・インジェクション仕様の360HPを選択できた。
    初期型C1で犯したミスを反省し、トランスミッションは3速MTが標準装備、更にオプションで3速ATとクロスレシオの4速MTが設定された。
  • 収録モデルのC2型コルベットは、高い人気とプレミアを獲得した、最も初期に生産されたモデルである。
    このモデルは「スプリット・ウィンドウ」と呼ばれる、ルーフからリアエンドに向かって走るフレームによって分断されるリアウィンドウを持つ。
    これは1963年に生産されたC2型のみが有する外観的特徴である。

+  余談



Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Fri, 27 Sep 2019 21:07:09 HAST (1607d)