Top > コブラ デイトナクーペ '64
分類性能
メーカー/国籍シェルビー/アメリカ総排気量4728cc全長4,610mm
カテゴリー1Gr.X最高出力390PS/7,000rpm全幅1,753mm
カテゴリー2プロトタイプレーシングカー/WSCC-GT Prototype最大トルク47.0kgfm/4,000rpm全高1,422mm
内装あり駆動形式FR車両重量1,043kg
年式1964吸気形式NATM4速
入手方法セッティング他
ディーラーCr.1,500,000,000制限---
その他---特記---

コブラ デイトナクーペ \'64.jpg

  • ル・マン24時間レースでの勝利を目指すシェルビー・アメリカンによって、僅か6台のみが製造されたレーシングカー。
    シェルビー陣営はコブラでアメリカ国内のレースを圧巻していたが、ル・マンではオープンボディ故の空気抵抗に悩まされた。
    その改善のため、基本構造を流用しつつボディをクローズド化、更にサスペンション等の再設計を行ったモデルが本車である。
    車名の「シェルビー デイトナ」は、本車のデビューレースが、1964年のデイトナ2000kmレースだった事に由来している。
  • 最大の弱点だった空気抵抗を改善したデイトナは、同年のセブリング12時間、そして目標であるル・マンでのクラス優勝を達成。
    翌年もル・マンこそクラス3位だったが、デイトナ2000km、セブリング12時間等で次々と勝利を納め、GTクラス年間王者に輝いた。
    しかし1965年末、エンジンの供給元であるフォードに、「フォード GT40によるライバル・フェラーリの打倒」を指示される。
    シェルビー・アメリカンはGT40の改良に全精力を傾ける事となり、一線級の戦闘力を持っていた本車は僅か2年でその役目を終えた。
  • 6台のみ製造されたデイトナのプロトタイプ、シャーシナンバー「CSX2287」には、ユニークな逸話が存在している。
    数々の激戦によりボロボロになったプロトタイプは1965年に僅か4500ドルで売却され、その後何人もの所有者を渡り歩いた。
    後年、6台という希少性や華々しい戦績が再評価されるも、既にプロトタイプは20年以上も行方不明であり、幻の存在と化していた。
    アメリカ中のコレクター達が血眼になって探し周り、2000年、遂に南カリフォルニア州で発見され、新たなオーナーへ売却された。
    現在、このプロトタイプはフルレストア等は行われておらず、当時の姿のままフィラデルフィアの博物館で丁重に保管されている。



Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Sat, 03 Dec 2022 03:48:31 HAST (55d)