Top > グランツーリスモS '08
分類性能
メーカー/国籍マセラティ/イタリア総排気量4691cc全長4,881mm
カテゴリー1N400最高出力446PS/7,000rpm全幅1,915mm
カテゴリー2ノーマルカー/スポーツカー最大トルク50.0kgfm/5,000rpm全高1,353mm
内装あり駆動形式FR車両重量1,780kg
年式2008吸気形式NATM6速
入手方法セッティング他
ディーラーCr.16,700,000制限ダート走行不可
その他---特記---
+  ←カラーバリエーションを表示

granturismos.jpg

  • 2007年3月のジュネーブモーターショーで発表された2ドアクーペ。3200GT並びにマセラティ・クーペの後継車にあたる。
    ピニンファリーナによる優雅なデザインに大人4人が乗れるクーペスタイルながら、重量配分に優れる等スポーツカーとしても高い実力を持つ。
    なお、本車はGTシリーズでは「グランツーリスモ」名義で収録されているが、マセラティ公式が用いている表記は「グラントゥーリズモ」である。
  • 収録モデルである「S」は2008年に追加されたグレードで、最高出力440psを発生させる4.7リッターV8エンジンを搭載している。
    潤滑システムにウェットサンプを採用し、これによりオイルポンプ数の減少と作動ノイズの低減を図っている。
    組み合わせられる6速セミATはトランスアクスル方式で搭載されることで敢えて後輪寄りのバランスとし、駆動輪である後輪の接地性を優先させたセッティングとしている。
    また、同ミッションは最速で0.1秒という変速速度を誇っている。
    増大したパワーに対応するためホイールが20インチに拡大し、ブレンボとの共同開発によるブレーキはフロントのディスク径が330mmから360mmに拡大され、キャリパーは6ポッド化されるなど強化されている。

+  派生モデルの解説



Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Sat, 22 Aug 2020 22:25:01 HAST (1289d)