Top > オートポリス

概要 Edit

  • 九州地方の大分県日田市上津江町にある、西日本を代表する国際サーキット。オープンはバブル期の1990年。
  • サーキットを運営する会社は「株式会社オートポリス」。
  • 数々のレースイベントが行われており、過去には全日本プロドリフト選手権(D1GP)や全日本F3選手権等が開催されていた。

コース攻略 Edit

オートポリス インターナショナル レーシングコース Edit

オートポリスレーシングコース.png1.
2.
3
4
5
6
7
8
9.
コース情報
分類リアルサーキット
所在国日本
コース長4674m
ストレート長902m
高低差52m
コーナー数18
ピットあり
天候変化なし
温度 --℃
時間変化なし
時刻 06:45~19:00
備考Ver1.34で追加
  • 全般
    さまざまな複合コーナーや起伏に富んだチャレンジングなコース。全周にわたって高い集中力が求められる。
  • 第1・2コーナー
    進入が下り坂で、エイペックスが見えにくいので注意。その後は緩い右曲がりを含んだストレートがある。
  • 第3~7コーナー
    第3コーナーは確実に減速し、アウト側をギリギリまで使うことはせず、次の連続コーナーに向けてラインを確保する。
    2つの左コーナーを抜けたら、第6コーナーのヘアピンへ向けて直線的にブレーキング。小さくまとめて、丁寧にトラクションをかけて立ち上がる。
  • 第8~10コーナー
    2つのエイペックスを持つ左コーナーは、アクセルを踏み込む目印を決めて立ち上がると良い。
  • 第11コーナー
    コーナーの途中で下り勾配となる難しいヘアピン。オーバーシュートには気をつけよう。
  • 第12・13コーナー
    下りストレート(ジェットコースターストレート)の先にある連続右コーナー。
  • 第14~17コーナー
    このサーキットの鍵となる登りながらの連続コーナー。走り込んでベストなラインを見つけよう。
  • 第18・19コーナー
    大きく回り込む右コーナーはアクセルを踏み込むタイミングに注意。最終左コーナーへのラインがスムーズになるようにしよう。

オートポリス インターナショナル レーシングコース ショートカットコース Edit

オートポリスレーシングコースショート.png1.
2.
3
4
5
6
7
8
9.
コース情報
分類リアルサーキット
所在国日本
コース長3022m
ストレート長---m
高低差52m
コーナー数11
ピットあり
天候変化なし
温度 --℃
時間変化なし
時刻 06:45~19:00
備考Ver1.34で追加
  • 全般
    第2ヘアピンの先を右に曲がり、最終コーナー付近に出るレイアウト。
    ショートカットルートのヘアピンでは、ホームストレートでのスピードを稼ぐことを意識しつつ、アクセルを踏み込もう。

開催される主なレース Edit

現実で開催される主なレース Edit

  • 全日本ロードレース選手権
  • 全日本スーパーフォーミュラ選手権 (旧称 フォーミュラ・ニッポン)
  • SUPER GT

小ネタ Edit

  • 前作GT6の開発画面と思しきもので本コースが写っている画像が存在していたが、本作にてようやく正式実装された形となる。
    収録されている本コースは2014~2015年頃のものと思われる*1
  • レコードタイムは、野尻智紀がダラーラ SF19 スーパーフォーミュラを操って2020年に記録した1分24秒140。
    • 余談だが1991年にはスポーツカー世界選手権(SWC)が開催されグループCカーが走行。ジャガーXJR-14が1分27秒で走り、ザウバーに籍を置いていた若き日のミハエル・シューマッハが優勝したという記録が残っている。
  • 開業時のオーナー企業の観光会社の山本観光はオープン当初からF1の開催を試み、1991年にはベネトンのスポンサーになるなど積極的なロビー活動を行った。その成果が実り1993年の暫定スケジュールに「アジアGP」の開催地と発表されたのだが、1992年に運営会社の「日本オートポリス」の経営が破綻。当然F1開催はキャンセルされ、F1開催は幻となった。
    初代経営陣時代には4.5Lエンジンを乗せた独自のフォーミュラカテゴリー"FC45"のレースを行っていた。
    経営破綻の翌年の1993年、債権者のハザマにより「大分阿蘇レーシングパーク」として再オープン後、1996年当時の上津江村に抵当権付きで譲渡された際にオートポリスの名称に戻り、第3セクター型の運営体制に転換。その後の2005年に川崎重工に買収され、以降はカワサキの2輪車両の開発拠点としても運用されている。
  • 日本国内の他のコースとピットレーンが逆配置なため、オートポリスラウンドのみ給油口を左右入れ替える必要がある。給油有りのピット作業が必要になるシリーズでは、慣れない方向に翻弄されるメカもいる。
  • 本コース限定のモブ車として、トヨタ・ハイエース(H200系)が駐車場などに置かれている。
    ピット上には、初代前期と2代目後期のホンダ・ステップワゴンが駐車されている。
  • フジテレビの雑学バラエティ番組「トリビアの泉 ~素晴らしきムダ知識~」の中で登場していた。



*1 熊本地震の被災で取り壊された建物が残っているため。

Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Wed, 15 Feb 2023 01:19:18 HADT (513d)