Top > ウアイラ '13
分類性能
メーカー/国籍パガーニ/イタリア総排気量5980cc全長4,605mm
カテゴリー1N700最高出力741PS/5,700rpm全幅2,036mm
カテゴリー2ノーマルカー/スーパーカー最大トルク122.2kgfm/2,000rpm全高1,169mm
内装あり駆動形式MR車両重量1,350kg
年式2013吸気形式TBTM7速
入手方法セッティング他
ディーラーCr.135,000,000制限ダート走行不可
その他---特記デフォルトでダウンフォースが存在(80:200固定)
アクティブエアロシステム搭載
+  ←カラーバリエーションを表示

huayra.jpg
  • ↓アクティブエアロシステム:ブレーキングや加重移動時に作動する
huayra_2.jpg

  • 2010年に生産を終了したパガーニ・ゾンタの後継機として発表されたのがこのウアイラである。
    車名はケチュア語で「風」を意味し、南米の先住民族が信仰する神の名でもある。
  • エンジンはゾンタと同じくAMG製のV12エンジンを採用しており、最大出力は741馬力にもなる。
    ゾンタはNAだったが、本車ではメルセデス及びAMG仕様のSL等に搭載される6L V12TBエンジンに専用のチューンを施した物を搭載した。
  • ドアはゾンタと異なり、メルセデス・ベンツ SLS AMG等と同じくガルウィングドアを採用している。
    また、片側2灯ヘッドライトや中央4本出しマフラーなどのゾンタの特徴であったデザインは受け継がれている。
  • ボディは軽さと強度を両立させるためにカーボンとチタンの複合素材を採用し、トランスミッションはあえてシングルクラッチの7速セミATを搭載。
    そのお陰でこのクラスの車両としては驚異的な1,350kgの車重を実現した。
    車両前後には2枚の可変フラップが搭載されており、加重移動時等にダウンフォースを確保している。
  • このモデルから日本への正規輸入が開始され、輸入車販売店のビンゴスポーツ社が取り扱っている。
    また、この手のクルマとしては珍しく、日本向けのCMが作られ放映された。
  • この2013年モデルではマイナーチェンジが施され、カーボン製フロントスプリッターが装着された他、出力が10PS向上している。
    そして発売当初は不可能であったアメリカでの販売も、この2013年モデルで盛り込まれた改良により可能となった。
    当初はエアバッグの安全基準の関係で販売できなかったが、400万ユーロを掛けてエアバッグを改良し、販売にこぎ着けたとの事。



Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Sat, 14 Aug 2021 15:21:01 HADT (317d)