Top > インプレッサ Coupe WRX Type R STi Version VI '99
分類性能
メーカー/国籍スバル/日本総排気量1994cc全長4,350mm
カテゴリー1N300最高出力280PS/6,500rpm全幅1,690mm
カテゴリー2ノーマルカー/スポーツカー最大トルク35.9kgfm/4,000rpm全高1,405mm
内装あり駆動形式4WD(35:65)車両重量1,260kg
年式1999吸気形式TBTM5速
入手方法セッティング他
ディーラーCr.3,000,000制限---
その他---特記ドライバーズ・コントロール・センターデフ搭載
+  ←カラーバリエーションを表示

imprezacoupe_99.jpg

  • インプレッサ WRXは、レガシィ RSに代わるWRCベースカーとして生み出され、その型式からGC8と呼ばれた。
    そのGC8型の最終進化モデルにあたる車両が、1999年9月に発表された「インプレッサ WRX STi バージョンVI」である。
  • バージョンVIでは、それまで積み上げてきた改良策を全て取り入れた上で、完全な調整を図る方向に開発が進められた。
    リアスポイラーの翼断面形状を一新してリアのダウンフォースを高めた他、フロントアンダースポイラーを追加。
    これによって高速走行時における空力性能を高めると共に、WRカーに通じるスタイリングへと進化した。
    ボンネットはアルミ製となり、フロント周りの荷重を軽減して回頭性を向上。それ以外にも細かい軽量化が施されている。
  • EJ20型エンジンはバージョンVからの性能の変化はないものの、専用クロスレシオのトランスミッションを採用。
    エンジンの出力特性をより引き出した他、ストロークを40mmに短縮したスーパークイックシフトが組み合わされた。
    正にGC8型WRX STiの有終の美を飾るに相応しい、極限にまで熟成されたモデルと言えよう。
  • GC8型インプレッサ WRX STiは、翌年に発表されたコンプリートカー「S201 STi Version」を最後に生産を終了。
    なお、スバルの2ドアクーペはこのWRX Type R STi以降、BRZ誕生までの長い間ラインナップされる事はなかった。



Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Mon, 23 Mar 2020 23:22:31 HADT (826d)