Top > インプレッサ 22B-STi Version '98
分類性能
メーカー/国籍スバル/日本総排気量2212cc全長4,365mm
カテゴリー1N300最高出力294PS/6,200rpm全幅1,770mm
カテゴリー2ノーマルカー/スポーツカー最大トルク38.8kgfm/3,000rpm全高1,390mm
内装あり駆動形式4WD(35:65)車両重量1,270kg
年式1998吸気形式TBTM5速
入手方法セッティング他
ディーラーCr.5,000,000制限---
その他---特記ドライバーズ・コントロール・センターデフ搭載
+  ←カラーバリエーションを表示

22b.jpg

  • WRCで95年・96年・97年と3連覇を成し遂げたインプレッサ WRCを、ロードカーとして再現したものがこの22Bである。
    22Bの由来は拡大された排気量や、スポンサーロゴの「555」を16進数に変換すると「22B」になる事等とされている。
  • クーペボディをベースに、鋼板プレスの専用フェンダーパネル及び前後バンパーを採用、更に車幅を1,770mmまで拡張。
    これによりエクステリアがWRカーの意匠にほぼ統一、明確に異なる点は2段階に可変するリアスポイラー程度である。
  • パワートレインはそれまでの「EJ20型」ではなく、22B専用の2.2L水平対向4気筒エンジン「EJ22改」を搭載している。
    最高出力は280PSに留まるも、ボアアップによってEJ20型が苦手としていた、低~中回転域の加速を大きく向上させた。
  • 足回りは専用チューンされたビルシュタイン製ダンパーに、アイバッハ製スプリングが組み合わせられたサスペンションを採用。
    中に納まるフロントブレーキは16インチ対向4ポット、リアは15インチ対向2ポットで、キャリパーは赤く塗装されている。
    また、STiバージョンIVにオプション設定されていたスーパークイックステアリングギアは、本車では標準装備となっている。
  • トランスミッションは、ファイナルギアレシオを4.444に設定しクロスミッション化されている。
    また、メインシャフトとドリブンギヤの材質を変更し、各ギヤにスペシャルハードショットを追加して補強。
    GC8型の脆いミッションは最大の弱点であったが、完全な克服には及ばずとも、ある程度の改善に成功している。
  • 400台限定販売の22Bであるが、500万という販売価格にも関わらず僅か2日で完売し、現在でも高額で取引されている。
    現在の22Bの中古車価格は応談、もしくは新車価格の500万円を大きく超えるプライスが殆どであるという。



Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Mon, 07 Dec 2020 03:57:45 HAST (1171d)