Top > インテルラゴスサーキット

概要 Edit

ブラジルのサンパウロ市にあるサーキット。

  • 現在のサーキットの正式名称は「アウトドモーロ・ホセ・カルロス・パーチェ」
    この名称は1977年に飛行機事故に巻き込まれ悲運の死を遂げたブラジル人F1パイロットホセ・カルロス・パーチェの名に由来する。
  • 一方のインテルラゴスという名称は「2つの湖の間」という意味のポルトガル語が元。
    1980年に一端F1開催が終了、1990年までにコースを現在のレイアウトに改修しF1開催が復帰し現在に至る。
  • 詳細はWikipediaのインテルラゴス・サーキットを参照されたい。

インテルラゴスサーキット Edit

Interlagos.jpg1.
2.
3
4
5
6
7
コース情報
分類リアルサーキット
所在国ブラジル
コース長4309m
ストレート長589m
高低差44m
コーナー数15
ピットあり
天候変化なし
温度 --℃
時間変化なし
時刻 00:00~23:00
備考---
  • ターン12からホームストレートまでの長い全開区間と、中盤の低速セクションが特徴のコース。
    マシンには低速域の旋回性能と全開区間での加速性能の両方が求められ、ドライバーには正確なライン取りが求められる。
  • ターン1は本コース最大のブレーキングポイントであり最大のオーバーテイクポイント。
    ただ入口が少し曲がっているため、アウトいっぱいから進入しようとするとそのまま芝に足を取られやすい。アウト側に少しスペースを残してまっすぐブレーキングすると安定してクリアできる。
    直後のターン2~3とその先のストレートのことを考えて、脱出はイン寄りにするといいだろう。
  • ターン6~7は登りながら中高速で曲がるため横Gが大きく、セッティングが適当だと大きくアウトに流れやすくなる。イン側の2つの縁石を滑らかに繋ぐラインが理想。
    勾配で出口が見えないため、アクセルオンのタイミングには注意。
  • ターン8~10のインフィールド区間は低速コーナーが続く。タイムを安定させるためには適度なダウンフォース設定と適切な足回りのセッティングが必要。
    コーナリングに優れるマシンならここでの追い抜きも出来なくはないが、道幅が狭く見通しも悪いため無理は禁物。
  • ホームストレート手前のターン12の脱出速度がストレートの伸びに直結するが、コース幅が狭く路面も荒いためここでの無理はリスクも大きい。
    また、その先のターン14も基本的には全開だが油断すると事故につながるので注意(小ネタ参照)。
    ここでの速度がタイムに大きく影響するため、なるべくステアリングの舵角を最小限に抑えるライン取りを。

小ネタ Edit

  • 余談として、1~2コーナーの名称「エス・ド・セナ」はコース改修のアドバイザーを勤め、1988年にF1世界王者となったアイルトン・セナに由来している。
    ホームストレートを短縮し旧コースの最も標高の低い部分(現行の3コーナー)に無理やりバイパスを引いたため、雨天時は1コーナー付近から3コーナー付近に向かい滝のように雨水が流れ危険な状態になる。
    また旧コースのピットロードを寸断するようにコースを引いたためピットアウトする車両が絡んだ事故も多かったことから、ピット出口は3コーナー部分に延伸された。
  • サンパウロの標高が海抜800mという高さにあり、通り雨(スコール)も多く、F1などで雨の絡んだ事故や逆転劇も多い。
  • 旧コースは現在の1コーナーの先に高速のバンクカーブがあり、外周部がオーバルトラックとしても使用可能だった。
    旧ロードコースは全長8キロ、1980年代のF1でも1周に2分以上かかり、スパや旧ホッケンハイムをも凌ぐF1開催コース1周にかかる時間が最長のロングコースだった。
    しかしこのレイアウトはスピードレンジの高さのわりにコース幅が狭く舗装も凸凹していたため、グランドエフェクトカー+ターボエンジン搭載のF1やインディカーの走行が危険と判断されて改修されることとなった。
  • 1990年以降も細かな改修が行われており、10コーナーの先を延長したヘアピンの増設、ピット出口の変更、2007年の再舗装などの他、
    2011年に国内選手権で2週連続で発生した死亡事故を受けて14コーナー付近のランオフエリアの拡張工事を行っている。
    2014年のWECでポルシェ919がバックマーカーのフェラーリ458などを巻き込む多重クラッシュを発生させている等、14コーナーの危険性が度々指摘されている。
  • 施設の老朽化が激しく、ピットの移設などを含めたコース改修プランが持ち上がっているものの、サンパウロ市の財政難から改修資金が工面できず、
    さらにブラジルの国策としてリオデジャネイロに開設予定の新サーキットへのF1開催移行という計画もあり2020年以降のF1開催が危ぶまれていたが、2022年現在無事に開催されている。



Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Sun, 12 Mar 2023 02:15:53 HAST (358d)