Top > デッキ投稿板
 

デッキ投稿板

デッキを投稿する Edit

※ 名前、題名、内容すべて入力していないと書き込みが無効となり、入力内容がすべてリセットされてしまうので注意してください。

☆4以下低レアリティデッキ Edit

(2018-07-24 (火) 04:13:56)

deck3.jpg

現在レート:4000付近

☆5、☆6を必要とせず、また様々なデッキに使いまわせるユニットを選んだ育成が無駄にならない初心者向けデッキです。
コストの軽さを生かし、相手のキャラクターに有利なカードをどんどん当てていき、浮いたコストで盤面を強固にしていきましょう。

ティノ:コストが軽い割りにタフで使い勝手のいいキャラです。迷ったらこのキャラクターのレベルの信頼度とレベルを上げるとよいでしょう。

シア:入っていないデッキの方が珍しいオールマイティなキャラクターです。相手のシアやメリッサ、メカニックに当たるのが主な仕事です。信頼度の恩恵が少ないキャラクターでもあり、育成の手間も少なくコスパも優秀です。

ピュリラ、トパーズ:☆4と☆3の土の精霊使いで、それぞれ精霊の登場数が8体と10体のため、できる限りピュリラを先出ししてショックを撃ってもらいましょう。
相手の強力なユニットの足止めや撃破が主な仕事になります。
また精霊には信頼度が反映されず、土精霊はLvを上げてもショックで落ちるためLv20程度まで上げれば育成が終了となり、手間がかかりません。

リミュー:軽さと攻撃の早さが売りの単弓クラスです。主な仕事は対空や相手の土精霊の掃除、他キャラクターの火力補助。
ティノに比べると使いまわせるデッキが少ないですが、信頼度の影響が最も大きいキャラなため、育成するかどうか悩む事になると思います。

ヴァネッサ、フィリーネ:長射程と高い攻撃力、耐久が売りの長弓キャラです。対空や射程外からの攻撃、火力補強等仕事には多岐に渡り、二枚そろってデッキに採用される事が多いです。
ヴァネッサは攻撃力が、フィリーネは攻撃速度がそれぞれ特徴となります。
育てやすいヴァネッサを優先して育てるのがよいでしょう。信頼度の重要度は低いですがシアと同じように活躍の場が多いので何れは上げることになるでしょう。

エメラダ:地上キャラクターの攻撃を受けない浮遊キャラクターです。主な仕事はメリッサやシアといった対空能力を持たない強力なキャラクターへの対処です。
羽剣士と違いショックに弱いため、土精霊に使わせた後に出したい所です。
反面長弓キャラクターに対しては羽剣士より強く、火力が直ぐに出せる所が利点です。土精霊使い同様育成の手間が少ないのも利点です。

ショック:採用率の高い精霊対策カードです。回転の速いデッキのため基本的には直ぐ切ってかまいません。土精霊相手であれば単弓ですむ場合もあります。

ニア:高威力かつ高消費のスペルカードです。相手のアクアやエルミナ、クリームヒルトといった高コストかつ手を出しにくいユニットに切っていきます。また密集した集団戦でうまく撃てれば勝ちがぐっと近づきます。
反面、安易に低コストキャラに撃ったり、外したりするとペースを握られてしまいます。慎重に使いましょう。
また建築物に対して表記威力の30%のダメージを与えることができ、育成度合いによっては300近いダメージを出せるため、拠点への最後の一押しになることも覚えておきましょう。

 

入れ替え候補
メリッサ:最高レアリティカードであり弓の攻撃を90%カットする特殊能力を持ちます。運よく持っているのであればシアが入れ替え候補となるでしょう。

レベッカ:リミューと比べコストが1重くなりますが、レベルアップと信頼度の上昇によってファイアストームを耐えられるようになるため育成重要度と戦闘力がグンと上がる非常に強力なキャラクターです。

フィオナ:配布キャラクターかつ、信頼度が100の羽剣士であり、エメラダとの入れ替え候補になります。エメラダの説明で記載したとおりどちらも一長一短あるため、環境によってどちらを採用するか考えましょう。


アンリエッタ:範囲内に入ったキャラクターの移動速度、攻撃速度を強化するスペルです。リミューかボルトが入れ替え候補です。
ユニット数の多いこのデッキでの有用性は高く、攻防で多大な貢献をしてくれるでしょう。

注意すべきカード
メリッサ:採用カードの内3枚が弓のため注意が必要です。シアやエメラダ、土精霊をぶつけて対処しましょう。

セシリア:ゲーム中最長射程の範囲攻撃を持つユニットで精霊に対しては非常に強いという特徴を持ちます。このキャラクターのいるレーンには精霊の召喚は控えましょう。
一度拠点をターゲットすると拠点が破壊されるまで他に攻撃することはないのでひきつけて倒す、あるいはフィリーネやヴァネッサの火力で先に倒してしまいましょう。


  • 画像がなかったので、手持ちでデッキ組んで勝手ながら張ってみました。もし代わりの良い画像がありましたら、↓の画像投稿の[添付]に貼っておいてください~。 -- 2018-07-24 (火) 04:43:14

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

駆け出しデッキ Edit

NPCよりマシ? (2018-07-24 (火) 00:10:53)

現在レート:2019 (個人的にこの辺がいい勝負になるし、楽しい)

ティノ、メリッサはガチャで。アクアは事前ガチャ。他は初期配布。
アクアさんの安産多産祈願からの行軍がメインなので、展開が遅い。でも、たまにシャレにならない数になってて引く。対空が薄目。

メリッサ:対弓兵用兵器、魔弓の近くに置く。もしくは、羽剣士と一緒に使う。対空はなし。
ティノ:低コストであることが強み。駆け出し軽戦士、短弓兵と組ませると9コストで対空性能を持った集団ができる。

クリームヒルト:相手の速度を落とす、攻めるときはメイン戦力のチョイ後ろを歩かせる。守りは、ほどよく離れて置く。敵が青くなったらタコ殴りタイム。

フィオナ:弓がいるとこにはあんまり出さないようにする。出すとだいたい弓を置かれる、もしくは相手もフィオナを出してくる。対空装備としてキープしてることが多い。でも、本来の仕事は対空攻撃なしの相手を一方的に攻撃すること。

ショック:精霊潰し、位置とタイミングをミスすると悲惨。特に精霊ワラワラデッキが相手だと収拾がつかなくなる。代用品は重戦士。

メカニック:実は防衛用ユニット。攻められてる拠点に配置するとサムライに羽戦士、土の精霊他がワラワラ釣れる。地味に拠点より長持ちする気が。

アクア:基本的に画面左端に置いて子沢山になってもらう。コストが8と高く、配置してからしばらくしないと戦力として微妙。水の精霊は移動中無敵。本体に対空性能アリ。クリームリヒトと並んで行軍すると、空の敵はノロマになったところを本体に撃ち落とされて、歩いている奴は子供たちにリンチにされる。最近は、配置後すぐにボルトで処理される傾向。

ガチャ引く前は、シアとスポットレインを入れてた。スポットレインは魔弓に投げる。もしくは、延長戦で拠点に投げる。



サムライブースト Edit

deck1.jpg

ALB? (2018-07-22 (日) 17:46:57)

現在レート:3221

有利:弓主体のデッキ等 不利:サムライブースト

ブーストサムライ。基本は後出しでメタをぶつけます。押し切れるときはサムライ以外にも羽剣士やメリッサにブーストをかけて判定勝利を狙います。

相手がサムライブーストの場合、受けのユニットがシアのみなのでうまくボルトをあてる必要があります。


  • 同一編成でゴールドに到達しました。精霊使いをたくさん出すタイプも苦手なのでそのタイプが増えたときは短弓使いを重戦士にかえるとよいと思います。 -- ALB 2018-07-22 (日) 23:32:18
  • 初心者質問だったらスイマセン。リーダーはエレオノーラよりエメリナの方が良いんですかね? -- 2018-08-03 (金) 08:56:50
  • 初心者質問だったらスイマセン。リーダーはエレオノーラよりエメリナの方が良いんですかね? -- 2018-08-03 (金) 09:04:51
  • このデッキタイプの核心を突いた良い質問だと思います。(私も結構悩んでいますが参考までに)
    諸説あるので最終的にはご自身の使用感に合わせるのが良いと思いますが、個人的にはリーダーはもっているならシャルが良いと思います。エレオノーラのバフは相手がサムライ対策をして手札にじゃがいもやボルトを握ってる場合役に立たない場面が多いです。それならユニットの攻撃力自体を強化するか拠点の耐久をあげたほうが良いです。ただ、エレオノーラの場合は奇襲をねらって延長戦突入後にサムライを初投入するなど工夫してみると面白いと思います。
    よってこのデッキに対するリーダーは誰でもよいです。(手もちのすでに育っているリーダーを使うのが良いと思います) -- ALB 2018-08-03 (金) 17:46:06
  • 二重投稿になってた・・・。参考になりました!回答感謝です。 -- 2018-08-03 (金) 18:02:11

弓3体+ヒルダデッキ Edit

deck2.jpg

noname? (2018-07-23 (月) 00:19:39)

数時間でレート2300→3800まで上げたデッキです。コストの軽いユニットを多めに採用し、常に片側を2~4体で埋める感じで攻めます。

片側のチェックポイント2本を割ったら、もう片方2本を割るようにユニットを配置していきます。よほど押し込めてない限り、敵のベースポイントを破壊するのは厳しめです。(基本的にチェックポイントを多く割って判定勝ち狙い)

弓3体はメイン火力なので、可能な限りティノやシア、メリッサを盾にして守ってあげましょう。
羽剣士とシアのレベルが低めですが、弓3体を優先的に育てておけば相手の方が平均レベル高くても全然勝てます。

ヒルダをニアや他のユニットに変えても、十分機能すると思います。

相手のメリッサは、羽剣士やシアで止めましょう。

アクア相手には、ニアが入ってるなら相手がアクアを出した後早めにニアで撃破。
ニアが打てない状況なら、アクア側を諦めて反対側に戦力を集中させましょう。敵の水の精霊にチェックポイントを殴らせてから少し後方に短弓使いをおくと、短弓1体だけでも割と守れていた感じです。(建物を盾にして少しずつ精霊を処理していく)
水以外の精霊使いは、ショックがなければ短弓で。本体がタゲられないようにすれば十分処理可能。羽剣士も弓で狩れます。

3400くらいからアクアやブーストサムライが増えてきたこともあり、ファイアストームをニアに変えてプレイしてました。

ブーストサムライを止めるにはニアを撃ち込むのが一番楽。
ニアなしでブーストサムライを下手に対処しようとすると、味方2~3体が一気にやられて状況がかなり悪くなったりします。潔くチェックポイントを1本捨てて、反対側から攻めるのもアリかもしれません。
地上ユニットを出しても瞬殺されるし、羽剣士を置いても結局チェックポイントを割られてしまいます。


  • 短弓使いと軽戦士が近接でぶつかって、軽戦士が押し負ける不思議? -- 2018-07-23 (月) 19:31:14
  • 育った短弓はマジで強いですからねぇ… -- 2018-07-24 (火) 02:40:28

画像投稿用 Edit

ダウンロード_1.jpg

※ 画像付きで投稿したい場合は、「記事の投稿」を終えた後、追加で↑に画像を添付してください。
管理人が気付き次第、投稿記事欄に画像を表示するようにしておきます。


リロード   新規 下位ページ作成 編集 凍結 差分 添付 コピー 名前変更   ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS