Top > ストーリー紹介
 

ストーリー紹介

謎のトビラに入ると、そこには普段とは別の世界が広がっていた…! Edit

ある日、ケータがおおもり神社の妖怪ガシャをまわすと、出てきたのは不思議な「カギ」だった。
導かれるように奇妙な「トビラ」までたどり着くと、その先には見たことのない30年後の世界が広がっていて――!?

引用元:「妖怪ウォッチ4公式サイト

今作では「ケータの世界」「ナツメの世界」「シンの世界」「妖魔界」といった4つの世界を行き来できるようになっており、プレイヤーは主人公「ケータ」だけでなく、各世界のさまざまなキャラを操作することが可能。

ケータ、ナツメ、シンたちが共に行動することで時代を越えた新たな絆が芽生える、それが妖怪ウォッチ4の醍醐味といえる部分だろう。

時空のトビラに入るケータ

ストーリーに登場する4つの世界 Edit

世界詳細
ケータの世界シリーズでおなじみのケータが妖怪たちと暮らす世界
ナツメの世界ケータの世界から30年後の世界。
ケータの娘・ナツメたちが「妖怪探偵団」として活躍している。
シンの世界ケータの世界から数えて、およそ60年前に当たる世界。
2018年12月に公開された映画「妖怪ウォッチ FOREVER FRIENDS」の舞台となっている「1960年代のさくら元町」や劇場版主人公を務めた少年「下町シン」が登場する。
妖魔界豪華絢爛で少し不思議な世界。妖怪たちやエンマ大王がここに住んでいる。
映画「妖怪ウォッチ FOREVER FRIENDS」にも妖魔界へ行くシーンがあった。

ケータとナツメが出会うイベント

ケータとナツメが出会うイベントシーンなども描かれている。

各時代のキャラ・妖怪が絡み合うストーリーは一見の価値あり。今後どういったストーリー展開になっていくのかが非常に楽しみだ。


Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup   Help   RSS of recent changes