• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
|CENTER:BGCOLOR(#e0e6eb):60|330|CENTER:BGCOLOR(#e0e6eb):70|250|CENTER:BGCOLOR(#e0e6eb):100|140|c
|CENTER:BGCOLOR(#e0e6eb):70|340|CENTER:BGCOLOR(#e0e6eb):70|220|CENTER:BGCOLOR(#e0e6eb):70|180|c
|>|~分類|>|>|>|~性能|
|メーカー|---|PP|---(---)|全長|---mm(---mm)|
|国籍|---|総排気量|---cc(---cc)|全幅|---mm(---mm)|
|カテゴリ|---/---|最高出力|---/-------rpm&br;(---PS/-------rpm)|全高|---mm(---mm)|
|モデル|''高品質''/簡易|最大トルク|---kgfm/-------rpm&br;(--kgfm/-------rpm)|車両重量/配分|---kg(---)/--:--|
|ギャラリー|''対応''/非対応|駆動形式&br;吸気形式|---(--:--)/---|トランスミッション|-速|
|メーカー|ベントレー|総排気量|4,000cc|PP|683|
|国籍|イギリス|最高出力|632PS/6,000rpm&br;(796PS/6,000rpm)|全長|4,645mm|
|カテゴリ|プロトタイプレーシングカー/ACO-LMGTP|最大トルク|77.5kgfm/4,000rpm&br;(97.7kgfm/4,000rpm)|全幅|1,992mm|
|モデル|''高品質''|駆動形式|MR|全高|970mm|
|ギャラリー|''対応''|吸気形式|TB|車両重量|900kg/49:51|
|内装|再現|PWR|1.13kg/PS|TM|6速|
|>|~入手方法|>|>|>|~カスタム/チューン制限|
|ディーラー|Cr.---|カスタム|>|>|ペイント:-、ホイール交換:-、エアロ装着:-|
|プレゼント|---|チューン|>|>|---|
//-[[GT5での「---」についてはこちら>]]
//-備考はここ
#region(←カラーバリエーションを表示)
|>|>|>|~カラーバリエーション|
|---|---|---|---|
|---|---|---|---|
#endregion
|ディーラー|Cr.190,000,000|カスタム|>|>|ペイント:不可、ホイール交換:不可、エアロ装着:不可|
|プレゼント|---|チューン|>|>|ターボキットのみ可|
//-備考:

----
//#ref(.jpg,nolink)
//#ref(.jpg,nolink)
#ref(スピード8前.jpg,nolink)
----
-1998年にベントレーがフォルクスワーゲン社に買収され、レース活動の再開を認められた後、99年のル・マンでアウディが作り上げたもう一つの[[R8>R8 レースカー '01]]と呼べるクローズドプロトタイプ・アウディ R8Cをベースに製作された。

-細いトレッド幅のタイヤの使用や、大径リストリクターの使用が認められていたことを利用するため、当時のル・マンでは唯一のクローズドプロトタイプであった。
更にR8を使用するプライベーターチームに対し明確なアドバンテージを得るため、R8の3.6Lに対して4Lにまで排気量を上げている。
--この排気量拡大と引き換えに燃費性能が悪化してしまったが、「増えたピット回数分のロスタイムを向上したラップタイムで補う」というやや強引な手法で挽回してしまったのは見事。
-当時のル・マンでは航続距離とコーナリング性能が重要と考えられていたため、空気抵抗こそ大きいが、タンクが大きく太いタイヤを使えるオープンが大半で、本車は唯一のクローズドプロトタイプであった。
クローズの場合空気抵抗が少ない代わりに1サイズ細いタイヤしか使えない事から、コーナリング性能は期待できない。
逆にオープンより1サイズ大きいリストリクターを使える事を利用。開き直ってR8の3.6Lに対して4Lにまで排気量を上げ、高速セクションをこれまでかというほど重要視した。
この排気量拡大と引き換えに燃費性能が更に悪化してしまったが、''増えたピット回数分のロスタイムを向上したラップタイムで補う''というやや強引な手法で挽回してしまったのは見事。2013年のR18vsTS030同様、ルマンでは他のコースと異なり、本車の解が正解なのかもしれない。

-ル・マン優勝三ヶ年計画の集大成となった2003年、ベントレーはアウディのワークス活動終了を契機に「ル・マン優勝請負人」と名高いTeam Joestとタッグを組む。
同じVWグループ、元々のシャーシを作ったメーカー、エンジンもそのメーカー、オペレーションも昨年までのワークスと、実質的にはアウディワークスのマシンスイッチに等しかった。

-プライベーター中心のアウディ側がトラブルに苦しむ一方、ベントレー側はほぼノントラブルで走り続け、1930年以来のル・マンでの勝利を、フロントロー独占、8号車のファステストラップ、7号車と8号車の1-2フィニッシュという最高の形で手に入れ、ベントレーは再びモータースポーツの表舞台から姿を消した。
--優勝車7号車のチームクルーはT.クリステンセン/R.カペロ/G.スミスで377LAP、2位8号車はJ.ハーバート/M.ブランデル/D.ブラバムの元F1トリオで375LAPを走りきり両車完走。
-プライベーター中心のアウディ側がトラブルに苦しむ一方、ベントレー側はほぼノントラブルで走り続けた。唯一8号車がバッテリー交換の為長時間ピットストップを強いられたが1930年以来のル・マン通算6勝目の勝利を、''"フロントロー独占・8号車のファステストラップ・7号車と8号車の1-2フィニッシュ"''という最高の形で手に入れ、ベントレーは再びモータースポーツの表舞台から姿を消した。
優勝車7号車のチームクルーはT.クリステンセン/R.カペロ/G.スミスで377LAP、2位8号車はJ.ハーバート/M.ブランデル/D.ブラバムの元F1トリオで375LAPを走りきり両車完走。

-またこの年のル・マン参戦時、7号車と8号車はウイングの形状が異なっている。興味がある人は調べてみると良いだろう。
-またこの年のル・マン参戦時、7号車と8号車はウィングの形状が異なっている。興味がある人は調べてみると良いだろう。
簡単に書けば8号車のリアウィングは[[アウディR8>R8 レースカー '01]]に近い形状となる。ベントレー陣営(Team Joest)は7号車を"ダウンフォース重視"、8号車を"最高速重視"という異なるセッティングを採用していた、ということ。
----
#region(余談)
-前作ではスタンダードカーでの収録だったが、本作で晴れてプレミアムカー相当に格上げとなった。
ちなみに前作の没データにはプレミアムカー化が予定されていた痕跡が存在していた。

#hr
-ちなみにこのスピード8、見た目の印象が"[[TS020>GT-One レースカー (TS020) '99]]"に似ていると思った方は少なくない(これは前年型の方が顕著)かもしれないが、実は2車"まったくの無関係"という訳ではない。
-GT.comでGT6収録車種が発表になった際、当初ベントレーSpeed 8は"Exp Speed 8"となっていた。
このExp Speed 8というネーミングは2002年まで使われていたネーミングである。

-肖像権がクリアできたのか、ボディサイドのドライバー名が優勝車7号車のチームクルーの実名となっている。

-ちなみにこのスピード8、見た目の印象が[[TS020>トヨタ GT-One (TS020) '99]]に似ていると思った方は少なくない(これは前年型の方が顕著)かもしれないが、実は2車"まったくの無関係"という訳ではない。
それは"空力を煮詰めたら似通った型になった"というものではなく、スピード8の生まれた施設に関係がある。その施設とは元トヨタGBの施設(トヨタがF1集中に切り替えたため売却)であり、その施設がトヨタTS020の生まれ故郷でもある為なのだ。
この車は"アウディR8"がクローズドプロトタイプだったなら"というifのほかに"トヨタが2000年以降もル・マンに参戦続けたなら"という2つの可能性を秘めた車である。

-ベントレーは高級GTである"ベントレー コンチネンタルGT"をベースにFIAが定めるGT3仕様のコンチネンタル GT3を開発し((この車、元々が元々なのでダイエット幅は驚きの700kg!))、2003年のSpeed 8以来となる約10年ぶりのサーキット復帰を2013年に表明した。14年度はM-Sport Bentleyより7号車と8号車の2台がブランパン耐久レースに出場している。
#endregion
----



    ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS