• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
|CENTER:BGCOLOR(#e0e6eb):70|340|CENTER:BGCOLOR(#e0e6eb):70|220|CENTER:BGCOLOR(#e0e6eb):70|180|c
|>|~分類|>|>|>|~性能|
|メーカー|三菱|総排気量|1,998cc|PP|400|
|国籍|日本|最高出力|200PS/7,500rpm|全長|4,320mm|
|カテゴリ|ノーマルカー/スポーツカー|最大トルク|20.3kgfm/6,000rpm|全幅|1,735mm|
|モデル|簡易|駆動形式|FF|全高|1,300mm|
|ギャラリー|非対応|吸気形式|NA|車両重量|1,170kg/5:85|
|ギャラリー|非対応|吸気形式|NA|車両重量|1,170kg/59:41|
|内装|簡易|PWR|5.85kg/PS|TM|5速|
|>|~入手方法|>|>|>|~カスタム/チューン制限|
|ディーラー|Cr.2,287,000|カスタム|>|>|ペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:不可|
|ディーラー|Cr.2,287,000|カスタム|>|>|ペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:可|
|プレゼント|---|チューン|>|>|カーボンボンネットの装着が可能|
//-備考:

#region(←カラーバリエーションを表示)
|>|>|>|>|~カラーバリエーション|
|☆''Steel Silver''|''Scotia White''|''Pyrenees Black Pearl''|''Moonlight Blue''|''Imperial Red''|
|''Passion Red''|---|---|---|---|
#endregion
----
#ref(FTO GPX 94.jpg,nolink)
----
-1994年、三菱はFFスポーツクーペとしてFTOを生み出した。三菱車としては珍しく、曲線で構成されたデザインが印象的である。
FTOは「Fresh Touring Origination」の略であり、三菱のホットモデルだったギャランクーペFTOの名前を継承した。
1994年〜1995年を初期型、1996年を中期型、[[1997年>FTO GPX '97]]〜生産終了となる2000年までを後期型と呼ぶ。

-エンジンは2.0リッターV6の「6A12型」と1.8リッター直4の「4G93型」を搭載し、それぞれ170ps・125psを発揮。
V6A12型には三菱版VTECとも言われる可変バルブタイミング・リフト機構MIVECを装備した200ps仕様もラインナップされた。
5速ATと4速AT、5速MTが設定されATにはマニュアルモード付きAT「INVECS-II」が搭載された。広告でもAT中心の展開でMT車率は少ない。
このINVECS-IIはドライバーの癖を記憶し、トランスミッションの効率的稼動に寄与する学習機能が搭載している。

-FF車ながら旋回性能・ボディ剛性共に高く、元レーサーの桂伸一も「ドリフト競技にFF車部門があれば」とコメントしたほど。
1995年にホンダが[[インテグラ TYPE R>インテグラ TYPE R (DC2) '95]]を発売するまでは国産FF車最速と言われた。

-レースでは1998年・1999年にJGTCに参戦。エンジンはランエボの4G63型に換装して出場していた。1998年は5位、1999年は6位で終わっている。
ジムカーナやダートトライアルで使用される事も多く、パイクスピーク・ヒルクライムのオープンクラス部門にも出場している。
4WD化するために助手席にエンジンを置き、後ろにドライブシャフトを伸ばしてリアを駆動。そこからディファレンシャルを介して折り返す形でドライブシャフトを伸ばしフロントを駆動するという変則4WDとなった。

-なお、本車はスタンダードモデルの中でも、極めてクオリティが高い車両の内の1台である。
また、他のスタンダードモデルと違ってダッシュボードが再現されている(内装視点に変化はない)。
----
//#region(派生モデルの解説)
//-書く場合はスラッシュを外してください
//#endregion
//----



    ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS