• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
|CENTER:BGCOLOR(#e0e6eb):70|340|CENTER:BGCOLOR(#e0e6eb):70|220|CENTER:BGCOLOR(#e0e6eb):70|180|c
|>|~分類|>|>|>|~性能|
|メーカー|アバルト|総排気量|1,368cc|PP|371|
|国籍|イタリア|最高出力|135PS/5,500rpm|全長|3,657mm|
|カテゴリ|ノーマルカー/3ドアハッチバック|最大トルク|18.3kgfm/4,500rpm|全幅|1,627mm|
|モデル|''高品質''|駆動形式|FF|全高|1,485mm|
|ギャラリー|''対応''|吸気形式|TB|車両重量|1,035kg/62:38|
|内装|再現|PWR|7.66kg/PS|TM|5速|
|>|~入手方法|>|>|>|~カスタム/チューン制限|
|ディーラー|Cr.2,950,000|カスタム|>|>|ペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:可|
|プレゼント|---|チューン|>|>|---|
//-備考:

#region(←カラーバリエーションを表示)
|>|>|>|>|~カラーバリエーション|
|☆''Bianco Gara''|''Bianco Iridato''|''Grigio Campovolo''|''Rosso Officina''|''Nero Scorpione''|
#endregion
----
#ref(.jpg,nolink)
#ref(.jpg,nolink)
#ref(A500.jpg,nolink)
----
//車両解説
-[[3代目フィアット 500>500 1.2 8V ラウンジ SS '08]]をベースに、アバルトがチューニングを施したアッパーバージョン。
スプリングやダンパーの強化、TTC等の電子デバイスの装着、バンパーやスポイラー等空力特性の向上で全体を細かくアップデート。
特にエンジンは1.4L 4気筒DOHCにターボを加えており、ノーマルの100馬力から135馬力へパワーアップされた。
ただ、後から北米市場用に投入された物は162馬力と更にパワーアップされている。

-元々は5速MTのみだっただが、2014年からは他のグレードに設定されていたセミAT仕様を流用する形でアバルトでも選択できるようになった。

-限定車も多数登場しており、マセラティやフェラーリとのコラボレーションモデルも存在する。

-2017年に、アバルト500はアバルト595のベースモデルとして名称を「アバルト595」に変更した。
----
//#region(派生モデルの解説)
//-書く場合はスラッシュを外してください
//#endregion
//----
#region(派生モデルの解説)
-595 TURISMO
スタンダードモデルの595の出力を向上し、145馬力から165馬力へとパワーアップしたモデル。

-595C TURISMO
上記の595 TURISMOのカブリオレバージョン。

-595 Competizione

-695 BIPOSTO
190馬力を発生するエンジンを搭載し、2シーター化されるなどしたホットモデル。
市販車で初めて5速ドグリングトランスミッションが採用された。
#endregion
----



    ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS