• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
|CENTER:BGCOLOR(#e0e6eb):70|340|CENTER:BGCOLOR(#e0e6eb):70|220|CENTER:BGCOLOR(#e0e6eb):70|180|c
|>|~分類|>|>|>|~性能|
|メーカー|三菱|総排気量|1,997cc|PP|466|
|国籍|日本|最高出力|280PS/6,500rpm|全長|4,350mm|
|カテゴリ|ノーマルカー/スポーツカー|最大トルク|38.0kgfm/2,750rpm|全幅|1,770mm|
|モデル|''高品質''|駆動形式|4WD(30:70)|全高|1,405mm|
|ギャラリー|''対応''|吸気形式|TB|車両重量|1,360kg/59:41|
|内装|再現|PWR|4.30kg/PS|TM|5速|
|>|~入手方法|>|>|>|~カスタム/チューン制限|
|ディーラー|Cr.3,278,000|カスタム|>|>|ペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:可|
|プレゼント|---|チューン|>|>|[[アクティブ・ヨー・コントロール・システム>セッティング#p8f1caed]]搭載&br;デフォルトでダウンフォースの調整が可能|
//-備考:
-備考:フラットフロア装着可能

#region(←カラーバリエーションを表示)
|>|>|>|>|~カラーバリエーション|
|''Scotia White''|''Satellite Silver Metallic''|☆''Passion Red''|''Canal Blue Metallic''|''Pyrenees Black Pearl''|
#endregion
----
#ref(.jpg,nolink)
#ref(.jpg,nolink)
#ref(TM.jpg,nolink)
----
-当時、三菱のワークスドライバーとして[[ランエボVI WRC>ランサーエボリューション VI ラリーカー '99?]]を駆り、4度のチャンプを獲得したトミ・マキネンの名称を冠した特別仕様車。
快適装備やAYC等の装備が充実したGSRとレースベースグレードである[[RS>ランサーエボリューション VI RS T.M.エディション '00]]とのグレード構成は従来どおりである。
比較的高速なターマックラリーを意識して前部のバンパー形状を見直し、フォグランプ設置部の廃止により空力を改善。その他、ステアリングギアやサスペンション等、足回りを中心に細かな改良が加えられた。
なお、[[当時のラリーカー>ランサーエボリューション VI ラリーカー '99]]をイメージして[[オプション設定されたステッカーが貼られているモデル>ランサーエボリューション VI GSR T.M. SCP '99]]が収録されている。
-当時、三菱のワークスドライバーとして[[ランエボVI WRC>ランサーエボリューション VI ラリーカー '99]]を駆り、4度のチャンプを獲得したトミ・マキネンの名称を冠した特別仕様車。
快適装備やAYC等の装備が充実したGSRと、競技用ベースグレードである[[RS>ランサーエボリューション VI RS T.M.エディション '00]]とのグレード構成は従来通りである。

-トミ・マキネンの名が刺繍されたレカロ製シートが新たに採用され、エアロパーツの小変更程度と、[[エボVI>ランサーエボリューション VI GSR '99]]との外観的な相違点は少ない。
しかし中身は大幅に改良されており、特にステアリングギアレシオやサスのセッティングはターマックにおけるパフォーマンスアップを目的としており、エボ6.5と言っていいほどの進化を遂げた。

-なお、上記ワークスモデルをイメージして[[オプション設定されたステッカーが貼られているモデル>ランサーエボリューション VI GSR T.M. SCP '99]]が別車種扱いで収録されている。
----
//#region(派生モデルの解説)
//-書く場合はスラッシュを外してください
//#endregion
//----



    ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS