• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
|CENTER:BGCOLOR(#e0e6eb):70|340|CENTER:BGCOLOR(#e0e6eb):70|220|CENTER:BGCOLOR(#e0e6eb):70|180|c
|>|~分類|>|>|>|~性能|
|メーカー|日産|総排気量|2,568cc|PP|456|
|国籍|日本|最高出力|280PS/6,800rpm|全長|4,545mm|
|カテゴリ|ノーマルカー/スポーツカー|最大トルク|36.0kgfm/4,400rpm|全幅|1,755mm|
|モデル|''高品質''|駆動形式|4WD(35:65)|全高|1,340mm|
|ギャラリー|''対応''|吸気形式|TB|車両重量|1,500kg/54:46|
|ギャラリー|''対応''|吸気形式|TB|車両重量|1,500kg/59:41|
|内装|再現|PWR|4.82kg/PS|TM|5速|
|>|~入手方法|>|>|>|~カスタム/チューン制限|
|ディーラー|Cr.5,290,000|カスタム|>|>|ペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:可|
|プレゼント|---|チューン|>|>|---|
//-備考:
-備考:フラットフロア装着可能

#region(←カラーバリエーションを表示)
|>|>|>|>|~カラーバリエーション|
|☆''Gun Gray Metallic''|''Spark Silver Metallic''|''Black Pearl(M)''|''Red Pearl Metallic''|''Crystal White''|
#endregion
----
#ref(.jpg,nolink)
#ref(.jpg,nolink)
#ref(スカイラインR32.jpg,nolink)
----
-所謂[[ケンメリGT-R>スカイライン 2000GT-R (KPGC110) '73]]から16年、遂にR32型(8代目スカイライン)でスカイラインGT-Rが復活を果たした。
-所謂[[ケンメリ>スカイライン 2000GT-R (KPGC110) '73]]から16年、遂にR32型(8代目スカイライン)でスカイラインGT-Rが復活を果たした。

-エンジンは形式こそRB型ながら事実上新開発のRB26DETTを搭載し、[[Z32>フェアレディ Z 300ZX ツインターボ 2シーター (Z32) '89]]に続いて最高出力280psを達成した。
搭載された4WDシステムはアテーサE-TSと呼称され、通常はFR状態であるがGセンサーや車輪速センサーからの信号によってフロントに自在に駆動力を配分できるシステムで、重い車体ながら優れた旋回性能を誇った。
--有名な話だが、スカイラインGT-Rが「ドリフトできない」と言われているのはこのアテーサがあるから。リアが滑り出すと前輪駆動が働くからだ。ちなみにアテーサは改良されながら、[[R35>GT-R '07]]等の現在の日産4WDスポーツ車にも採用されている。ちなみにR32のはアテーサE-TSのヒューズを引っこ抜くだけでFRで固定される。R33以降はヒューズでは駄目で、専用のコントローラーが必要となる。
--本格的に4WDを殺してFRにしたい場合は、ER34のミッションとオイルパンをスワップ、同時にドライブシャフトを抜けば単なるFR車となる。そこまでやる必要があるのはどうしてもドリフトで使いたいという人だけだが。
---しかしレースシミュではアテーサE-TSは再現されることは殆どなく、本作でも再現されていない。
スカイラインGT-Rだけを収録してGT-Rの挙動のリアルさを追求するゲームならともかく、本作のようなカジュアル志向のレースシミュで極一部の車種にそこまでリソースを割り当てるのは非現実的であるからだ。
---とはいえ、GTシリーズにおけるこの車のセッティングはこのアテーサによるドリフトのし辛さを反映してなのか、かなりドリフトが難しいセッティングに振られている。
これはR32に限らずほぼ全てのGT-Rにおいて言える事である。
-エンジンは形式こそRB型ながら事実上新開発のRB26DETTを搭載し、[[Z32型フェアレディZ>フェアレディ Z 300ZX ツインターボ 2シーター (Z32) '89]]に続いて最高出力280psを達成した。

-R32型スカイラインGT-R(以下BNR32型)は日産車で初めてニュルブルクリンクでテストを行ったクルマとして知られるが、最初にシルビアに偽装され持ち込まれたテスト車両は5km地点でタービンブロー、全開走行で1周するのに20分も掛かり、ニュルの厳しさを思い知らされたというエピソードが残っている。
そうした困難を乗り越え、更には当時のグループA基準を徹底的に研究した結果、完成したBNR32型は国内レース界を席巻し、GT-Rでなければ勝てないとさえ言われる状況まで作ってしまった。
--これは年間5000台以上(当初、93年から2500台に緩和される)生産しなければいけない=高額なモデルを限定生産出来ないと・・・いう縛りで始まったはずのグループAを根本的に揺るがす、資金力に物を言わせたエボリューションモデル大量生産というレボリューションも背景にあった。例えば、[[初代ランエボ>ランサーエボリューション GSR '92]]は93年用のホモロゲ分2500台を限定生産するという超荒業に出ている。
こういった日本勢の力技もあり、最終的にグループAというジャンルがコスト増から発展的解消に向かっていった。
-搭載された4WDシステムはアテーサE-TSと呼称される。
通常はFR状態だが、Gセンサーや車輪速センサーからの信号によってフロントに自在に駆動力を配分できるシステムで、重い車体ながら高い旋回性能を誇った。

-なお、1993年にスカイラインがフルモデルチェンジした後もBNR32型自体の生産は続き、総生産台数は43,934台であった。この新生GT-Rは日本のスポーツカーの歴史を語る上で欠かせない一台となった。
-R32型GT-Rは日産車で初めて[[ニュルブルクリンク]]でテストを行ったクルマとして知られる。
最初は[[シルビア>シルビア K's ダイヤセレクション (S13) '90]]に偽装されたテスト車両が持ち込まれたが、5km地点でタービンブロー。その周回を終えるまでに20分も掛かり、ニュルの厳しさを思い知らされたというエピソードが残っている。
そうした困難を乗り越え、更には当時のグループA基準を徹底的に研究した結果、完成したR32型GT-Rは国内レース界を席巻する事となる。
全日本ツーリングカー選手権で戦った1990年の初戦から1993年の最終戦までの29連勝は、今なお語り継がれる伝説である。
しかし、その強さゆえにJTCクラス1が事実上のワンメイク状態になってしまい、グループA自体が解消する大きな要因ともなった。

-収録モデルはVスペック IIと呼ばれる、グループAにおいて4年連続制覇を記念したモデルである。
[[Vスペック>スカイライン GT-R Vスペック (R32) '93]]が設定された当時では認可されなかった245/45R17という幅広タイヤを装備している。
-当モデルはVスペック IIと呼ばれる、この4連覇を記念したモデルである。
[[Vスペック>スカイライン GT-R Vスペック (R32) '93]]が設定された当時では認可されなかった245/45R17という幅広タイヤを装備している(Vスペックは225/50R17)。

-8代目スカイラインの登場から4年後の1993年、スカイラインは9代目となるR33型へとフルモデルチェンジした。
しかしR32型GT-Rの生産は続き、1995年、[[R33型GT-R>スカイライン GT-R Vスペック (R33) '97]]の登場と共に生産を終了する。
日本のスポーツカーの歴史を語る上で欠かせないモデルとなったR32型GT-R、その総生産台数は43,934台にも上る。

----
#region(余談)
-グランツーリスモ生みの親、山内一典氏が、SCE入社直後に購入し、所有していた。
''しかし半年で全損させてしまったようだ。''
-グランツーリスモ生みの親、山内一典氏がSCE入社直後に購入・所有していたが、半年で全損させてしまったとのこと。

-スカイラインGT-Rの4WDシステムは、かのポルシェ959(GT未収録)の4WDシステムをお手本にしたという文献がある。((『自動車ロン頂上作戦』P.139。GT-Rのくだりは一部伏字になっているが、年代、時期からしてほかに該当するクルマはない。))
-スカイラインR32GT-Rの4WDシステムは、かのポルシェ959の4WDシステムをお手本にしたという文献がある。((『自動車ロン頂上作戦』P.139。GT-Rのくだりは一部伏字になっているが、年代、時期からしてほかに該当するクルマはない。))

-GT2までは収録されていたが、[[カルソニックスカイライン>カルソニック スカイライン GT-R '93]]のベースグレードになっているのはGT-R NISMO '90。フロントに通称ニスモダクトと呼ばれる2連ダクト([[スカイライン GT-R N1 (R32) '91]]にも装備されている)、リアにトランクガーニースポイラーが付属しているのが外見上の大きな特徴。グループAのホモロゲーションを取得するためのスポーツエボリューションモデルとして限定500台で販売され、即完売した。あまりにも人気が出たので、外見をそれっぽくする人が続出したが、NISMOはリアワイパーレスとなっているために判別可能。[[オプション ストリーム Z '04]]のドライバーであったDai稲田氏が幸運にも購入できたのだが、事故で廃車になっている。
-[[グループAの参戦車両>カルソニック スカイライン GT-R '93]]のベースグレードになっているのはGT-R NISMO '90。GT2まで収録されていた。
フロントに通称ニスモダクトと呼ばれる2連ダクト、リアにトランクガーニースポイラーが付属しているのが外見上の大きな特徴。
グループAの追加ホモロゲーションを取得するためのスポーツエボリューションモデルとして限定500台で販売され、即完売した。
あまりにも人気が出たので、外見をそれっぽくする人が続出したが、NISMOはリアワイパーレスとなっているために判別可能。
[[オプション ストリーム Z>オプション ストリーム Z '04]]のドライバーであった、稲田大二郎氏が幸運にも購入できたのだが、事故で廃車になっている。

-VスペックやVスペックIIに使われているBBSホイールは、他の車種であれば涎垂モノのホイールなのだが、本車のそれはかなり評判が悪い。標準ホイールなのでオフセットが稼げなかったり、マッシブな本車に繊細なメッシュが似合わなかったのだろうか。
-VスペックやVスペックIIに使われているBBSホイールは、他の車種であれば涎垂モノなのだが、本車のそれはかなり評判が悪い。
標準ホイールなのでオフセットが稼げなかったり、マッシブな本車に繊細なメッシュが似合わなかったのだろうか。

-WRCに1戦だけ参加したことがある。さすがにサーキットでは無敵とはいえ、[[スープラ 3.0GT ターボ A '88]]同様場違いな所に現れたこともあり、成績は残せていない。
-WRCに1戦だけ参加したことがある。
さすがにサーキットでは無敵とはいえ、ライバルの[[スープラ>スープラ 3.0GT ターボ A '88]]同様場違いな所に現れたこともあり、成績は残せていない。
--また、パイクスピークやダートトライアルにも参戦しており、パイクスピークではクラス優勝を果たせた模様。

-グランツーリスモ3の(80'sスポーツカー・カップ)では94年式なのにもかかわらず出場可能であった。
-グランツーリスモ3と4プロローグ(日本版)では、何故か先述のニスモダクトが装着されていた。

-本車はGT5Pを除いた全てのグランツーリスモシリーズに登場((GTCではライバルカーとしての登場。))している。
そしてGTシリーズでは珍しく、5回もモデリング(GT1、GT3、GT4P欧州版、GTHD、GTS)された車種である。((グレードを問わなければ[[R34 GT-R>スカイライン GT-R Vスペック II Nur (R34) '02]]や[[FD3S型RX-7>RX-7 スピリットR タイプA (FD) '02]]がこの記録に並ぶが、同一のグレードで5回のモデリングを受けたのはこのR32 GT-R Vスペック IIと[[ランエボIV>ランサーエボリューション IV GSR '96]]のみ。))

-GT5では、「GTアカデミー 2012」のステッカーなどを付けた"GTアカデミー仕様"がRound 3の使用車種として登場し、後にプレゼントカーとして参加したプレイヤーに渡った。
本作では収録されなかったが、ボディカラーの"Aurora Flare Blue Pearl (2P)"は[[GT-R ブラックエディション '12]]のカラーバリエーションとして用意されているため、それを塗装すればカラーリングの再現が可能である。
#endregion
----



    ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS