• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
|CENTER:BGCOLOR(#e0e6eb):70|340|CENTER:BGCOLOR(#e0e6eb):70|220|CENTER:BGCOLOR(#e0e6eb):70|180|c
|>|~分類|>|>|>|~性能|
|メーカー|三菱|総排気量|1,468cc|PP|323|
|国籍|日本|最高出力|98PS/6,000rpm|全長|3,870mm|
|カテゴリ|ノーマルカー/5ドアハッチバック|最大トルク|13.5kgfm/4,250rpm|全幅|1,680mm|
|モデル|簡易|駆動形式|FF|全高|1,550mm|
|ギャラリー|非対応|吸気形式|NA|車両重量|1,030kg/61:39|
|内装|簡易|PWR|10.40kg/PS|TM|CVT|
|>|~入手方法|>|>|>|~カスタム/チューン制限|
|ディーラー|Cr.1,495,000|カスタム|>|>|ペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:可|
|プレゼント|---|チューン|>|>|---|
//-備考:

#region(←カラーバリエーションを表示)
|>|>|>|>|~カラーバリエーション|
|☆''Red Solid''|''Deep Pink Metallic''|''Light Green Metallic''|''Cool Silver Metallic''|''Light Blue Metallic''|
|''Dark Blue Mica''|''Black Mica''|''Warm Silver Metallic''|''White Solid''|---|
#endregion
----
#ref(.jpg,nolink)
#ref(.jpg,nolink)
#ref(コルト.jpg,nolink)
----
-三菱とダイムラークライスラーの共同開発によって2002年に誕生したコンパクトカー。
ダイムラーからはスマートブランドから「フォーフォー」というコルトの姉妹車が発売された。
2001年東京モーターショーに出品されたCZ2と、本作に収録されている[[CZ-3ターマック>CZ-3 ターマック '01]]が先祖である。
コルトの名は、1960年代の乗用車や初代ギャラン、6代目を除くミラージュの輸出名等に使われていた。

-コルトの名は、1960年代に新三菱重工業(現:三菱重工業)が作っていた乗用車と初代ギャランにあたる「コルト・ギャラン」で使われていた。
また、ミラージュ(6代目を除く)の輸出名にもコルトが使われていた。

-日本では5ドアのみであったが、ヨーロッパでは3ドアもあり、2ドアカブリオレのCZCなるものも存在した。
ちなみにヨーロッパ仕様は2008年にフェイスリフトが行われ、[[ランエボ>ランサーエボリューション X GSR P.P. '07]]と同じ顔つきとなった。

-当初は月売7000台を予定していたが、競合車の[[フィット>フィット W '01]]が2002年車名別年間販売台数1位を記録する等して苦戦したという。
それでも10年近くに渡って生産され続けたが、2012年6月に生産終了、翌年1月に販売が終了した。
それでも10年近くに渡って生産され続けたが、2012年6月に生産終了、翌年1月に販売が終了。実質的な後継車として同年8月に新型ミラージュ(欧州ではスペーススター)が発売された。

-なお、本車はスタンダードモデルの中でも、特にクオリティが高い車両の内の1台である。
また、他のスタンダードモデルと違ってダッシュボードが再現されている(内装視点に変化はない)。

----
//#region(派生モデルの解説)
//-書く場合はスラッシュを外してください
//#endregion
//----



    ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS