Top > RC F GT3 prototype (Emil Frey Racing) '16

|CENTER:BGCOLOR(#e0e6eb):90|340|CENTER:BGCOLOR(#e0e6eb):70|220|CENTER:BGCOLOR(#e0e6eb):70|180|c
|>|~分類|>|>|>|~性能|
|メーカー/国籍|レクサス/日本|総排気量|5327cc|全長|4,900mm|
|カテゴリー1|Gr.3|最高出力|529PS/6,900rpm|全幅|2,040mm|
|カテゴリー2|レーシングカー/FIA-GT3|最大トルク|61.2kgfm/5,000rpm|全高|1,310mm|
|内装|あり|駆動形式|FR|車両重量|1,300kg|
|年式|2016|吸気形式|NA|TM|6速|
|>|~入手方法|>|>|>|~セッティング他|
|ディーラー|Cr.45,000,000|制限|>|>|---|
|その他|---|特記|>|>|---|
//-備考:

----
#ref(rcfgt3_16.jpg,nolink)
----
-2014年のジュネーブショーで発表されたRC F GT3 Conceptの登場から1年。
トヨタ/レクサスとしては史上初、日本車では」[[GT-R NISMO GT3>GT-R ニスモ GT3 N24 Schulze Motorsport '13]]に続く2台目の国産FIA-GT3マシンとして2015年に誕生したのがRC F GT3だ。
トヨタ/レクサスとしては史上初、日本車では[[GT-R ニスモ GT3>GT-R ニスモ GT3 N24 Schulze Motorsport '13]]に続く2台目の国産FIA-GT3マシンとして2015年に誕生したのがRC F GT3だ。

-トヨタとしては久しぶりとなる市販車ベースのレーシングカーであり、また90年代のカローラ WRCや、スープラLM-GT以来久々となる国際規格に適合し、世界と戦う事ができる市販車ベースのレーシングカーでもあった。

-しかし、その開発は困難を極め、そのデビューモデルとなる2015/16年モデルはパフォーマンス不足により、FIA-GT3のホモロゲーションを得られないというまさかの事態が発生してしまった。
--RC Fの重たいボディを軽量化するのに苦戦したという点と、エンジンパフォーマンスが不足していたという点が原因であったそうだ。
--RC F GT3 Conceptでは1250kg、RC F GT3では1300㎏と発表されていた車重が実際は1340㎏あったという点からもそれが伺える。

-2年に渡って苦戦を強いられたRC F GT3だが、この苦戦を受け開発陣はゼロからの再開発を決断。
その成果ともいえる2016年10月のVLN9でデビューしたRC F GTプロトタイプはいきなり優勝。
翌年デビューの2017年型[[RC F GT3>RC F GT3 (Emil Frey Racing) '17]]への期待を募らせる結果を残した。

----
#region(余談)
-グランツーリスモ・ドットコムでは本車両がVLN9デビューウィンを飾ったRC F GTプロトタイプその物かのような書き方をしているが、エアロパーツやフロントバンパー形状を見て分かるようにこれは誤りである。 
#endregion
----

IP:126.23.130.57 TIME:"2018-11-24 (土) 23:51:09" REFERER:"http://wikinavi.net/gran-turismo-sport/index.php?cmd=edit&page=RC%20F%20GT3%20prototype%20%28Emil%20Frey%20Racing%29%20%2716" USER_AGENT:"Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X 10_13_4) AppleWebKit/605.1.15 (KHTML, like Gecko) Version/11.1 Safari/605.1.15"


Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup   Help   RSS of recent changes