Top > 500 F '68

|CENTER:BGCOLOR(#e0e6eb):90|340|CENTER:BGCOLOR(#e0e6eb):70|220|CENTER:BGCOLOR(#e0e6eb):70|180|c
|>|~分類|>|>|>|~性能|
|メーカー/国籍|フィアット/イタリア|総排気量|499.5cc|全長|2,970mm|
|カテゴリー1|N100|最高出力|17PS/4,500rpm|全幅|1,320mm|
|カテゴリー2|ノーマルカー/2ドアセダン|最大トルク|3.1kgfm/2,000rpm|全高|1,335mm|
|内装|あり|駆動形式|RR|車両重量|520kg|
|年式|1968|吸気形式|NA|TM|4速|
|>|~入手方法|>|>|>|~セッティング他|
|ディーラー|Cr.2,100,000|制限|>|>|---|
|その他|---|特記|>|>|---|
//-備考:

#region(←カラーバリエーションを表示)
|>|>|>|>|~カラーバリエーション|
|Bianco|☆Avorio Antico|Beige Sabbia|Grigio Medio|Blu Scuro|
|Blu Medio|Azzurro Acquamarina|Rosso Corallo|Rosso Medio|---|
#endregion
----
#ref(500f.jpg,nolink)
----
-トポリーノの愛称で呼ばれた初代500の生産終了から2年後の1957年に誕生した2代目500。
先代と区別するため「NUOVA500」と称されており、これは伊語で「新500」を意味する。

-FRの2シーターだった初代に対し、2代目はRRとして2+2シーターのスペースを確保。窮屈ながらも5人乗りを実現した。
空冷2気筒エンジンと軽量なボディにより最高速度は85km/hを発揮するが、振動が激しく乗り心地は芳しくなかったようだ。
少しでも振動を軽減するため、エンジンマウントにはスプリングが使用されている。
このエンジンは他の車にも改良されつつも採用され、最終的にはパンダにまで採用される長寿エンジンとなった。

-バリエーションは本モデルの他、排気量を限界まで拡大した「スポルト」、デラックスモデルの「L」、低価格版の「R」等が存在する。
安価だった事もあり売れ行きは絶好調。最終的には1977年まで生産される事となった。Rに関しては30万台以上生産されたとの事。

-なお、同じ「チンクエチェント」の名前を持つ車両が1991~98年に販売されていたが、本車との直接的な関係はない。
正式な3代目がデビューしたのは2007年で、実に30年ものブランクが空く事になった。
正式な[[3代目>500 1.2 8V Lounge SS '08]]がデビューしたのは2007年で、実に30年ものブランクが空く事になった。
----
#region(余談)
-運転席からリアウインドウに手が届くほどの軽自動車以下の小さな車格ながら、日本国内では道交法上普通車扱いである([[年式及び排気量の関係で>GT SPORT 用語集#s9f8f97b]])。

-1979年公開のアニメ映画「ルパン三世 カリオストロの城」において、本車をベースとしたアバルト 500をルパンが操ったのは有名な話。

-ゲッコー・アンド・カンパニーより、2代目500Fをベースにした「フィアット500EV」が販売されている。価格は日本円で約780万円だという。
#endregion
----

IP:180.14.186.25 TIME:"2020-02-28 (金) 20:44:39" REFERER:"http://wikinavi.net/gran-turismo-sport/index.php?cmd=edit&page=500%20F%20%2768" USER_AGENT:"Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/80.0.3987.122 Safari/537.36"


Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup   Help   RSS of recent changes