• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
|CENTER:BGCOLOR(#e0e6eb):70|340|CENTER:BGCOLOR(#e0e6eb):70|220|CENTER:BGCOLOR(#e0e6eb):70|180|c
|>|~分類|>|>|>|~性能|
|メーカー|アキュラ|総排気量|2,977cc|PP|433|
|国籍|アメリカ|最高出力|274PS/7,100rpm|全長|4,405mm|
|カテゴリ|ノーマルカー/スポーツカー|最大トルク|29.0kgfm/5,300rpm|全幅|1,810mm|
|モデル|''高品質''|駆動形式|MR|全高|1,170mm|
|ギャラリー|''対応''|吸気形式|NA|車両重量|1,365kg/46:54|
|内装|再現|PWR|5.05kg/PS|TM|5速|
|>|~入手方法|>|>|>|~カスタム/チューン制限|
|ディーラー|Cr.8,000,000|カスタム|>|>|ペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:可|
|プレゼント|[[国内Bクラス・スターコンプリート>プレゼントカー#u68afade]]|チューン|>|>|---|
//-備考:
-備考:フラットフロア装着可能

#region(←カラーバリエーションを表示)
|>|>|>|>|~カラーバリエーション|
|☆''Formula Red''|''Berlina Black''|''Sebring Silver Metallic''|---|---|
#endregion
----
#ref(NSX.jpg,nolink)
----
-ホンダのアメリカでの販売ブランド「アキュラ」版のNSX。
ボディ四隅のコーナーマーカーや左位置のハンドル等、アメリカでの道路法規に合わせた仕様である。
また、アメリカ仕様は排気ガスの法規上日本仕様の280psから274psへと変更されており、合わせてギア比もワイドになっている。
また、アメリカ仕様は排気ガスの法規上[[日本仕様>NSX '90]]の280psから274psへと変更されており、合わせてギア比もワイドになっている。

-パワー主義のアメリカでは過給機で武装したNSXが多くみられるが、本シリーズの市販車NSXには何故か一度も過給機チューニングができない。

-本モデルが前期式、日本同様97年に[[中期型>NSX クーペ '97]]、日本より2年遅れで[[後期型>NSX '04]]へマイナーチェンジしている。

-ちなみに、発売前の「グランツーリスモ5プロローグ」のスクリーンショットにはフロントバンパーに補助灯が付いており、発売後から外されている。
--もしかしたら、[[ホンダNSX>NSX '90]]の外観データを使ったのではと言う推測もある。

-更に、次回作「グランツーリスモSPORT」のロード画面(オンライン)でバグがあり、本車の車名がスターティンググリッド表(読み込み画面)で一時的であるが表示していた。
--バグの可能性がある。
//--もしかすると、4月以降に復活収録される可能性がある。

-余談だが、グランツーリスモ5プロローグの発売前のスクリーンショットではなぜか日本仕様と同じくフロントバンパーに補助灯が付いていた。
----
#region(日本仕様とのギア比)
-上記のとおり、日本仕様のNSXとはギア比が異なっている。
>日本仕様: 1速3.071・2速1.952・3速1.400・4速1.033・5速0.771
>米国仕様: 1速3.071・2速1.727・3速1.230・4速0.967・5速0.771
<
#endregion
----
#region(アキュラNSXとしてのレース活動)
-北米地域で開催されている"SCCA ワールドチャレンジ"に北米ホンダ(=アキュラ)の支援する「リアルタイム」チームが1996年より参戦開始、1997年にはP.カニンガムが10戦4勝の成績を収めてシリーズチャンピオンに輝いている。

-また、グランダムシリーズにも2002年と2004年に参戦しているが、こちらは目立った戦績は残せてはいない。

-NSXとしての参戦前に北米地域で開催されたIMSAのキャメル GTP Lightクラスにエンジンのみが改造されてスパイスの車両に搭載されてACURA-SPICE SE90CLとして1991年より2年間参戦、2年連続のWタイトル(ドライバーズ、マニュファクチャラーズ)を獲得している。
#endregion
----



    ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS