• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
|CENTER:BGCOLOR(#e0e6eb):70|340|CENTER:BGCOLOR(#e0e6eb):70|220|CENTER:BGCOLOR(#e0e6eb):70|180|c
|>|~分類|>|>|>|~性能|
|メーカー|日産|総排気量|1,998cc|PP|409|
|国籍|日本|最高出力|205PS/6,000rpm|全長|4,520mm|
|カテゴリ|ノーマルカー/スポーツカー|最大トルク|28.0kgfm/4,000rpm|全幅|1,695mm|
|モデル|簡易|駆動形式|FR|全高|1,290mm|
|ギャラリー|非対応|吸気形式|TB|車両重量|1,220kg/59:41|
|内装|簡易|PWR|5.92kg/PS|TM|5速|
|>|~入手方法|>|>|>|~カスタム/チューン制限|
|ディーラー|Cr.2,498,000|カスタム|>|>|ペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:可|
|プレゼント|---|チューン|>|>|---|
//-備考:

#region(←カラーバリエーションを表示)
|>|>|>|>|~カラーバリエーション|
|☆''White''|''Spark Silver Metallic''|''Super Black''|''Midnight Purple(P)''|''Super Red''|
#endregion
----
-[[S13型シルビア>シルビア K's ダイヤセレクション (S13) '90]]と基本骨格を同じくする姉妹車である。ベースとなったS13型シルビアはデートカーという位置付けだったが、こちらはスポーティなスタイルのスペシャリティカーという位置付けである。
北米仕様のシルビアに準じてリトラクタブルライトが装着された。名前は、1989年に発売された初期型の排気量が1800ccであったことから、180SXと名づけられた。SXとは、輸出車のコンパクトクーペに名付けられる名前である。
1989年に発売された初期型の排気量が1800ccであったことから180SXと名付けられ、北米仕様のシルビア([[240SX>240SX '96]])に準じてリトラクタブルライトが装着された。
SXとは、当時の日産が国外輸出用のコンパクトクーペに付与していた名前である。
よって、車両の解説はS13型シルビアに準ずる。
ちなみに、180SXにS13型シルビアの前部を移植すると、[[こうなる>シルエイティ '98]]。

-1993年にシルビアがS14型にフルモデルチェンジした際に不評であったことから、1998年に[[S15型シルビア>シルビア spec-R エアロ (S15) '02]]が登場するまでマイナーチェンジを繰り替えしながら販売が継続される長寿モデルとなった。
-本来ならシルビアのフルモデルチェンジと共に180SXの生産は終了するはずであったが、北米市場で240SXの人気が衰えなかったことや、フルモデルチェンジしてS14型となったシルビアが走り好きから歓迎されなかったことから、1998年にシルビアに統合されるまでマイナーチェンジを繰り返しながら販売が継続される長寿モデルとなった。

-収録モデルは1996年に2度目のマイナーチェンジを受けた後期型で、その上級グレードTYPE X。TYPE Xにはリモコンドアロックが採用されている。

----
//#region(派生モデルの解説)
//-書く場合はスラッシュを外してください
//#endregion
//----




    ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS