Top > シビック TYPE R (EP) '01
分類性能
メーカーホンダ総排気量1,998ccPP413
国籍日本最高出力215PS/8,000rpm全長4,135mm
カテゴリノーマルカー/スポーツカー最大トルク20.6kgfm/7,000rpm全幅1,695mm
モデル簡易駆動形式FF全高1,430mm
ギャラリー非対応吸気形式NA車両重量1,190kg/58:42
内装簡易PWR5.53kg/PSTM6速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.2,200,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:可
プレゼント---チューン---
+  ←カラーバリエーションを表示

  • 2000年9月に7代目へモデルチェンジしたシビック。通称は「スマートシビック」で、実用性の向上を各所で図った。
    先代からボディを拡大しつつフラットフロアを採用、5ドアにはインパネシフトも採用する事で室内空間を拡大した。
  • ボディタイプは5ドアハッチバック、4ドアセダン「フェリオ」のみとなり、3ドアハッチバックは欧州限定とされた。
    3ドアである「TYPE R」も当初は欧州限定販売の予定であったが、発表時に挙がった多数の要望から国内販売が決定。
    これにより、TYPE Rのみ日本専用のセッティングを行った上でイギリスのホンダUKから逆輸入する方法が取られた。
  • 搭載エンジンはDC5と同じK20A型だが、排気系の取り回しの関係もあり、最高出力は215PSへと若干下げられている。
    トランスミッションは6速MT+インパネシフトを採用、慣れていればフロアシフトよりも素早い操作が可能となった。
    足回りも日本仕様のみヘリカルLSDを標準装備し、セッティングもサーキット走行を意識した硬い設定としている。
  • 7代目シビックは先代同様に世界中でヒットを記録し、2000年には4度目となる日本カー・オブ・ザ・イヤーも受賞。
    しかし2001年6月に同社が「フィット」を販売開始、それ以降のシビックは中途半端と評価され、販売が低迷した。
    これを受け、2005年9月にモデルチェンジした8代目シビックの国内仕様は4ドアセダンのみが設定される事となる。




リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-05-28 (木) 17:08:56 (728d)