Top > ザイテック Z11SN グリーブスモータースポーツ '13
分類性能
メーカー日産総排気量4,494ccPP607
国籍日本最高出力456PS/7,000rpm
(456PS/7,000rpm)
全長---mm
カテゴリプロトタイプレーシングカー/FIA-LMP2最大トルク---kgfm/---
(58.1kgfm/4,000rpm)
全幅---mm
モデル高品質駆動形式MR全高---mm
ギャラリー対応吸気形式NA車両重量---kg(900kg)/50:50
内装再現PWR1.97kg/PSTM6速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.150,000,000カスタムペイント:不可、ホイール交換:不可、エアロ装着:不可
プレゼントGTアカデミー2015 Rd.3チューン全項目チューン不可
車高のセッティング不可

Zytek_Z11SN 2.jpg

  • ザイテック(Zytek)はイギリスの老舗レースコンストラクター。会社組織としては「Zytek Automotive」と「Zytek Motorsport」という2つの部門に分かれていた。
    2014年10月にドイツのコンチネンタル社*1に買収され、Motorsport部門はギブソン・テクノロジー(Gibson Technology ) と改称されている。
    古くはアイルトン・セナのF1デビューマシンとして知られるトールマン・ハートのエンジンマネージメントを担当し、ル・マンを制したジャガーXJR-9のエンジン制御ECUや、
    SUPERGT 2013年のシリーズチャンピオンを獲得したホンダCR-Z GTのハイブリッドシステムは、いずれもZytek製と多くの実績を誇る。
    そのZytekがスポーツカー分野に本格的に進出するきっかけになったのが2002年に倒産したレイナードの資産を一部買い取ったことから始まる。
  • Zytek・Z11SNは元は2007年に投入した「Zytek 07S」がベースとなるシャシーで、2011年から大幅に変更されたレギュレーションに対応させてアップデートされた車体。
    2013年時点ですでに「旧式」と称される古い設計ながら熟成された高い信頼性を武器に毎年使用チームを上位に送り込んでいる。
    収録の2013年仕様から愛嬌ある「ぎょろ目」のフロントマスクとなった。
  • 搭載エンジンはかつて日産のGT500に搭載されていたレース用のVK45DEエンジンを耐久レース用に再調整したもの。
    「速い・壊れない・安価」と三拍子揃ったこのエンジンは他エンジンメーカーのHPDやジャッドよりも圧倒的に優れLMP2クラスを席巻した。
    2016年まで「LMP2常勝エンジン」「LMP2もといLMP2issanだ(2015ルマンではLMP2エントリー19チーム中14チームがこのエンジンをチョイス)」などの名を欲しい侭にしていた。
    尚、Zytekは2011年からNISMOと共同でVK45DEエンジンの欧州における販売及びメンテナンスを担当している。
    レギュレーション上2メーカー以上のエンジンを搭載できないといけないため一応他のエンジンも搭載できるが、2013年度に関してはザイテック Z11SNを使うユーザーは皆ニッサンエンジンを採用している模様。

+  レースでの活躍

+  2015年以後

+  GT6におけるZ11SN



*1 ブリヂストン・ミシュラン・グッドイヤーに次ぐ世界四位のタイヤメーカーとしても知られる統合企業

リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-01-14 (月) 10:35:24 (5d)