Top > HKS CT230R '08
  • 総排気量:2231cc
  • 最高出力:580ps/7500rpm
  • 最大トルク:69.00kgfm/4000rpm
  • 駆動形式:4WD (標準前後トルク配分=50:50)
  • 全長:4570mm
  • 全幅:1886mm
  • 全高:---mm
  • 車両重量:1068kg
  • 重量バランス:60対40
  • 価格:Cr.26,000,000
  • Lv:21
  • PP:609
  • プレゼントカー入手:A-Lv.33 筑波9時間耐久をクリア
  • 備考:トランスミッションは5速
  • 備考:デフォルトでダウンフォースの調節が可能
  • 備考:ワイパー、ヘッドライトが装着されていない。

HKS-CT230R-1.jpg
HKS-CT230R-2.jpg
  • 筑波サーキット55秒切りという前人未到の記録を生み出した直後に、1ヘアにてクラッシュしてスクラップとなった『TRB-02』に代わり、『ランサー・エボリューションVII』を基に製作されたデモカー。ドライバーは継続して谷口信輝。
  • 自社パーツを使って徹底的にチューニングされており、特にボディはパネルの大半をカーボンに変更する等で大きく軽量化、4WDとしては破格の1068kgという数値を誇っている。
    エンジンは当初TRB-02から受け継がれた4G63改2.3L+GT3037Sだったが、後にHKS製新型ターボ『GT3240』に換装された。
  • 富士スピードウェイでは1分43秒4、筑波サーキットでは53秒589というレコードタイムを樹立。その性能の高さを見せつけた。特に富士の記録は同日にアタックしていたレクサス ウェッズスポーツIS350 '08の記録を超えてしまったほど。*1
  • 2007年東京オートサロンにおいて『グランツーリスモ・アワード』を受賞している。
  • なお、このクルマは、軽量化を図るためワイパー、ヘッドライトが取り付けられていない。そのため雨天時や夜間の走行はおススメできない。



*1 念のため弁解しておくと、当時のGT300クラスはリストリクター制限が厳しく、スリックタイヤによるコーナリングスピードよりも、パワー無制限でストレートスピードを稼ぐCT230Rの方に分があったというのも材料にある

リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-05-16 (火) 22:29:37 (765d)