Top > 日産 スカイライン GTS-R (R31) '87
  • 総排気量:1998cc
  • 最高出力:210ps(217ps)/6400rpm(6500rpm)
  • 最大トルク:25.00kgfm(25kgfm)/4800rpm(5000rpm)
  • 駆動形式:FR
  • 全長:4660mm
  • 全幅:1690mm
  • 全高:1365mm
  • 車両重量:1340kg
  • 重量バランス:60対40
  • 価格:Cr.2,405,700(走行距離58486km)
  • Lv:1
  • PP:391(405)
  • 備考:()内の数値はリフレッシュ・OHした際のもの

Nissan SKYLINE GTS-R (R31) 87.jpg
Nissan SKYLINE GTS-R (R31) 87-2.jpg
  • 1985年の夏。7代目となるスカイラインR31型が発売開始された。「都市工学スカイライン」「7thスカイライン」の愛称が付けられている。
    発売当初は4ドアのモデルしかなかったため不評が多かったが翌年に2ドアスポーティモデルのGTSシリーズが追加された。
    そして発売から2年後の1987年にマイナーチェンジが行われ、グループAのホモロゲーションモデルのGTS-Rが新たにGTSシリーズのラインナップに追加される。それがこのクルマである。
  • 他のGTSシリーズと異なるところは大型コンプレッサーのターボ、大型空冷式インタークーラー、等長排気マニフォールドを採用している点だ。また、GTSシリーズにはオプションパーツとしてGTオートスポイラーが装着されていたが、モーター等で重量が増すなどの難点があり、本車は固定式となっている。
    当時のスカイラインのラインナップでは最速のモデルであった。
  • DR30のレース活動を引き継ぐ形でJTC・全日本ツーリングカー選手権グループAに1988年から参戦、1989年には長谷見昌弘がドライバーズ・タイトルを獲得している。
  • またJTC終息後の1995年のJGTCクラス2(後のGT300クラス)で元グループAの車両を投入した石橋義三がタイトルを獲得している。

  • カラーバリエーション:Blue Black



リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-09-14 (木) 21:14:15 (34d)